プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷と石屋製菓がコラボ 葛飾北斎作品をチョコのパッケージに


【2021年2月2日】凸版印刷はこのほど、石屋製菓とコラボし、凸版印刷の文化財デジタルアーカイブデータを活用した商品パッケージを開発した。

このパッケージの第1弾の商品として、葛飾北斎(かつしかほくさい)の作品をデザインに起用した「恋するチョコレート キャレ9枚入り」全12種を販売している。
価格は1,080 円(税込み)。

「恋するチョコレート キャレ9枚入り」は、凸版印刷が東洋古美術の専門美術商である浦上蒼穹堂(うらがみそうきゅうどう)と共同で取り組んでいる葛飾北斎作品のデジタルアーカイブから生まれた商品。
高精細・高画質なデジタルアーカイブデータを用いており、世界的に著名な浮世絵師である葛飾北斎の作品をモチーフに選び、販売の場を世界市場にも広げることを目指している。

これらにより、デジタルアーカイブの成果を、文化財の鑑賞や保存以外だけでなく商品にも展開することで、より多くの人に文化財に触れる機会を創出し、日本美術を広く紹介するという。

凸版印刷は、多くの文化財を所蔵者である博物館・美術館、寺社などの文化財ホルダ―と連携し、印刷テクノロジーを核とした技術で、国内外の貴重な文化財のデジタルアーカイブに取り組んでいる。

なお、2021年には石屋製菓との葛飾北斎コラボ商品の第2弾も予定されている。

ISHIYAオンラインショップ
https://www.ishiya-shop.jp/

 


アイケイの「たまご化粧水」 サンリオ「ぐでたま」とコラボ ドンキで先行発売


【2021年1月29日】アイケイは2月1日(月)、同社の「たまご化粧水」で、サンリオの人気キャラクター「ぐでたま」との限定コラボパッケージを開発し、ドン・キホーテ系列店舗限定で先行発売する。

この企画では、たまごの殻の内側から取れる薄膜、「卵殻膜エキス」を配合した「たまご化粧品シリーズ」のパッケージに、ぐでぐでとやる気のない姿とシュールなつぶやきで人気を集める「ぐでたま」が登場しコラボレーションする。
ドン・キホーテ系列店舗限定での先行発売後は、全国のドラッグストアなどでも販売する。
価格は900円(税別)。

アイケイ
https://www.ai-kei.co.jp/

 


凸版印刷 ユニリーバ・ジャパンの新製品のパッケージをモノマテリアル化


【2021年1月28日】凸版印刷はこのほど、ユニリーバ・ジャパン協力で同社のヘアケアブランドの新製品「ラックス ルミニーク サシェセット 限定デザイン」のモノマテリアル化した。商品は4月発売。

凸版印刷では2019年7月、よりリサイクルしやすいPET(ポリエチレンテレフタレート)単一素材からなる個包装向け「モノマテリアル軟包材」を開発していた。
この製品は、同社の透明蒸着バリアフィルムのPET基材の「GL FILM」と、PETシーラントにより構成されている。

これにより、高い酸素バリア性と水蒸気バリア性を確保。内容物の香りや品質を損なわない低吸着性を付加すると同時に、長期保管の重量減少も抑えることが可能となりました。また、「モノマテリアル化(単一素材化)」によるリサイクル適性の向上を実現した。
また、アルミフィルムで構成された従来品と比較して、包材製造時のCO2排出量を約25%削減できる。

今後、凸版印刷は、リサイクル適性を高めた多種多様な内容物に対応するモノマテリアル包材の開発を推進し、持続可能な社会の実現に貢献する。

ユニリーバ
https://www.unilever.co.jp/

「ちきゅう」/「サステナブル バリュー パッケージ」
https://www.toppan.co.jp/living-industry/packaging/sustainability/

GL BARRIER
http://www.toppan.co.jp/specialct/glbarrier.html

 


オンラインストア「TAKE PACK」 エコ容器を中心に商品ラインナップを2倍の400アイテムに拡充


【2021年1月28日】環境に配慮したテイクアウト用パッケージ専門のオンラインストア「TAKE PACK(テイクパック)」はこのほど、エコ容器を中心に商品ラインナップを200から400アイテムへ2倍に拡充した。
運営はTP東京。

これは、全国各地に緊急事態宣言の発出が広がり、飲食店でのテイクアウトやフードデリバリーの需要が急増えていることから、多様なニーズに応えるため行ったもの。

「TAKE PACK」は、地球に優しいサステナブルパッケージ(エコ容器)。植物原料由来の生分解性容器(麦バガス容器・竹バガス容器)は、土の中に埋めると微生物などによって分解されて、100%土に還る。

「折りたたみ式木製容器」は、環境に優しい早生樹「ファルカタ」を使用した木製容器で、両面にグラシン紙を貼り、木屑・ささくれが出ず、食品直触れ可能。また折りたたみ式なので省スペース化が図られ、狭い店舗でも活用できる。

いずれも色や風合いが柔らかくシンプルなため、料理を引き立てるという。

今回、同社では、キャンペーンを行っており、「TAKE PACK」(https://takepack.jp/)での商品購入で、NYブルックリン在住のデザイナー、マギー・プレンダーガスト氏が制作したステッカーをプレゼントする(2021年1月以降に購入者が対象、一部商品対象外)。

ステッカーキャンペーン
https://takepack.jp/pages/sticker-campaign

TAKE PACK
https://tp-tokyo.jp/

オンラインストア
https://takepack.jp/

インスタグラム
https://instagram.com/takepack_toky

 


「アサヒおいしい天然水」ラベルをシールに変更 店頭&自販機で4月から関東の一部で アサヒ飲料 


【2021年1月27日】アサヒ飲料は4月13日(火)から、ラベルをタックシールにした「『アサヒ おいしい水』天然水 シンプルecoラベル(PET585ml)」を、東日本の一部エリア限定で、店頭と一部自動販売機を使用しテスト販売する。

アサヒ飲料は2018年、「アサヒ おいしい水」ブランドを、ECチャネルで、ケース販売専用商品としてラベルレス商品を発売。その後、商品ラインアップを拡充し続けている。

今回発売される「『アサヒ おいしい水』天然水 シンプルecoラベル」は、2020年の識別表示に関する制度変更に伴い、従来のロールラベルに替えて、必要表示内容が記載された小面積のタックシール「シンプルecoラベル」を片面に貼付した。
これにより、ラベルに使用するCO2の排出量約58%削減に加え、店頭での単品販売が可能になった。

中味は、ボトルのデザインは上部に江戸伝統の切子である魚子紋(ななこもん)、下部には水の波紋をイメージした扇状の刻印を入れることで、ラベルに代わって、天然水のみずみずしく、爽やかなおいしさを表現する。
希望小売価格は115円(税別)。

アサヒ飲料は、「持続可能な容器包装」に向けた取組みを「容器包装2030」と題して、2030年に向けた目標値を設定し、事業活動における環境負荷低減を目指している。

 


プラグ 「2020年秋冬新商品パッケージデザインランキング」を発表 1位はあの商品 コロナの影響で定番回帰続く


【2021年1月25日】プラグはこのほど、「2020年秋冬新商品パッケージデザインランキング」を発表した。

プラグは、パッケージデザイン開発とマーケティング・リサーチを行う会社。
この「パッケージデザインランキング」は、デザインに対する好意度調査で、2015年から毎年春と秋に新商品を中心に行っている。
今回は、647 商品を対象に、20~50 代の男女 33,000 人に調査を実施した(2020 年 10 月 30 日~11 月 9 日実施)。

今回の調査でも、前回に続き「ロングセラーブランドのデザイン」が高く評価される傾向」があったという。
同社では「この秋冬は、春夏の傾向と同様にコロナの影響を受け、社会環境が不安定になると、デザインの嗜好も、やさしいものや安心なものに戻る」と分析している。

 

調査結果ダイジェスト

「TOP30 から見るデザイントレンド」(※好き+やや好きのスコアで順位付け)では、前述の通り、コロナの影響があった 2020 年春の調査でも見られた「ロングセラーブランドへの安心回帰」が続いている。
2020 年秋冬の調査でも、トップ 3 が 30 年以上の歴史を誇るロングセラーで、TOP30 にロングセラーブランドが多くランクインしている。

好意度ランキング TOP10 (好き+やや好きのスコアで順位付け)は以下の通り。

好意理由には「定番」「安心」「昔ながらの」といった言葉が多く、コロナ禍における安心感を求める消費者意識が見られる。

男女、年代広くターゲットに受け入れられたクノールカップスープの定番であるコーンクリームが1位となっており、「家族」「落ち着き」「暖かさ」といった、コロナ禍において人々が求めている気持ちを表現しているブランド、デザインが軒並み高く評価される結果となった。

例年の「秋=紅葉・ハロウィン」をイメージさせる鮮やかで元気な配色は 2020 年の秋にはほとんど見られず、落ち着きのあるダークブラウンからボルド―系の茶色をメインにしたパッケージデザインが高く評価された。
カラートレンドでも、定番で安心感のあるデザインを評価する今年のトレンドを反映している。

なお、同社では、今回のデザイントレンドがわかる全体レポートが無料でダウンロード配布している。
また、2015 年から実施している約 6,800商品を検索することも可能。

詳細は以下から
https://www.pdr-plug.com/

 

調査概要

対象者:20 代~50 代男女
サンプル数と割付:1 商品につき 1,000 名 各性年代 125 名 延べ 33,000 名
調査時期:2020 年 10 月 30 日~11 月 9 日 ◆調査地域:全国 ◆調査方法:インターネット調査
調査カテゴリー:647 商品を以下の 25 カテゴリーに分類
商品選定方法:日本経済新聞電子版他 4 サイトおよび各社HPプレスリリースから 2020 年 8~10 月発売のものをピックアップ

プラグ
http://www.plug-inc.jp/

 


タイ料理店「Chompoo」のバナナケーキでオリジナルパッケージ 森林認証紙を採用 TP東京


【2020年12月14日】サステナブルパッケージのオンラインストア「TAKE PACK(テイクパック)」(運営:TP東京)はこのほど、渋谷パルコのタイ料理店「Chompoo(チョンプー)」とコラボレーションし、新商品バナナケーキのオリジナルパッケージを森枝幹シェフと共同開発した。

パッケージ素材には、適切に管理された森林の木材を使っていることを証明する「FSC認証紙」を採用。内部に切れ込みを設けて、そこに100%植物由来のナイフを付属させることで環境に配慮した包装資材でセットアップしている。

またバナナケーキを包み込むように包装する一枚紙のユニークな形状にすることで、組み立てやすく、省スペース化も実現させて、機能、運用、コスト、環境、デザインを考慮したパッケージに仕上げた。

パッケージデザインは、表面に黄色く熟れたバナナと青々としたバナナの葉をイラストで描き、ポップなカラーと組み合わせていくことでインパクトのあるビジュアルにしている。
「Chompooバナナケーキ」は1,200円(税別)。

Chompooはこれまで、テイクアウト・デリバリー用としてプラスチック容器を使用していたが、海洋プラスチックごみ問題の解決に向けて、TP東京が提供するサステナブルな容器に切り替えている。

TAKE PACK
https://takepack.jp

 


プラグ 「2020年春夏の新商品パッケージデザインランキング」を発表 コロナ下での傾向は?


【2020年8月31日】プラグはこのほど、「2020年春夏の新商品パッケージデザインランキング」を発表した。

プラグは、パッケージデザイン開発とマーケティング・リサーチを行う会社。
この「パッケージデザインランキング」は、デザインに対する好意度調査で、2015年から毎年春と秋に新商品を中心に行っている。
今回は、592の新商品を対象に、20~50代の男女33,000人を対象に実施した(2020年5月8日~5月18日実施)。

 

調査結果ダイジェスト

調査結果では、今回はコロナの影響を受けてか「ロングセラーのデザイン」が上位に多くランキング。同社では「社会環境が不安定になると、デザインの嗜好も、やさしいものや安心なものに戻る傾向がある」としている。

中でも“やさしさ”や、“親しみやすさ”を感じさせる、ロングセラーらしいデザインが評価された。また、復刻版やロゴを前面に押し出したものに、安心と感じられやすい傾向がみられた。
同社では「コロナの収束がいまだ見えないため、この傾向は秋も続きそう」と予測している。

好意度ランキングTOP10 (好き+やや好きのスコアで順位付け)

 

カラートレンドは2極分化

例年、春夏らしい季節性を感じさせるさわやかな薄色を使ったデザインが上位を占めていたが、今年は濃厚さを感じさせる濃い色のパッケージも上位にランキング。
濃い味・濃い色のデザインは、この数年で定着してきた食品の新商品のデザイントレンドで、温かさを求める秋冬に評価されてきたが、シーズンを超えて、通年で評価されるというに変化がみられた。

 

調査概要

対象者:20代~50代男女
サンプル数と割付:1商品につき1,000名、各性年代125名、延べ33,000名
調査時期:2020年5月8日~5月18日
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査カテゴリー:592商品を以下の24カテゴリーに分類
(1)ビール(2)チューハイ・カクテル (3)その他アルコール (4)炭酸飲料 (5)お茶・コーヒー (6)お茶・コーヒー(インスタント)(7)栄養ドリンク(8)その他飲料(9)水 (10)調味料(11)カップ麺・袋麺 (12)スープ類 (13)デザート類 (14)常温食品(15)冷凍食品(16)冷蔵食品 (17)チョコ・飴・グミ(18)アイス (19)スナック菓子 (20)その他菓子(21)基礎化粧品 (22)シャンプー(23)医療品 (24)衛生用品

商品選定方法:日本経済新聞電子版他4サイトおよび各社HPプレスリリースから2020年2~4月発売のものをピックアップ。
調査サイトでは、2015年から実施している6,158商品が検索可能。

パッケージデザインランキング
https://pdr.plug-inc.jp/
6,158全商品の自由回答が見られ、イメージ分析やコレスポンデンス分析などができる「パッケージデザインランキング」は月10万円から購入することが可能。

プラグ
http://www.plug-inc.jp/

 


サントリー 自社ワインに「リサイクルPETボトル」を採用 今夏から順次変更


【2020年1月23日】サントリーワインインターナショナルは今夏から、「酸化防止剤無添加のおいしいワイン。」「デリカメゾン」などに使用している720mlPETボトルを順次、再生PET樹脂を原料にした「リサイクルPETボトル」に変更する。
また商品ラベルには、当社独自の「PETtoPET」マークを記載する。

サントリーグループは、「人と自然と響きあう」という企業理念、と理念に基づく「水と生きる」というステークホルダーとの約束の実現を目指し、グローバルにサステナビリティ経営を推進。2019年5月には「プラスチック基本方針」を策定し、2030年までにグローバルで使用するすべてのPETボトルに、リサイクル素材あるいは植物由来素材のみを使用し、化石由来原料の新規使用をゼロにすることで、100%サステナブル化を目指す。

同社では、今回のリサイクルPETボトルの導入などの取り組みを通じ、持続可能な社会の実現に向けたサステナビリティ経営を推進していく。

プラスチック基本方針
https://www.suntory.co.jp/news/article/13473.html

 


印刷博物館 P&Pギャラリー 「現代日本のパッケージ2019」展を開催 3大コンペ入賞の100作品以上を集積 9月28日~


【2019年9月5日】凸版印刷の「印刷博物館 P&Pギャラリー」は9月28日(土)から、「現代日本のパッケージ2019」展を開催する。
開催は12月8日(日)まで。

同展では、「第58回ジャパンパッケージングコンペティション」「日本パッケージデザイン大賞2019」「2019日本パッケージングコンテスト(第41回)」の入賞作品を一堂に展示。
身近な印刷物の代表例であるパッケージについて、ユニバーサルデザインや地球環境に優しい包装材の開発など、一見、消費者にはわかりづらい創意工夫を、誰の目にも分かるように展示。身近な存在でありながら、これまではなかなか深く知ることのなかったパッケージの面白さを紹介する。

 

展示内容

◇第58回ジャパンパッケージングコンペティション 39点の受賞作品
主催:一般社団法人日本印刷産業連合会
市場で販売されている商品化されたコマーシャルパッケージの優秀性を競う商品包装コンペティション。


〈Google Home Knitting PKG〉  グーグル合同会社 第58回ジャパンパッケージングコンペティション 経済産業大臣賞

◇日本パッケージデザイン大賞2019 40点の受賞作品
主催:公益社団法人日本パッケージデザイン協会
パッケージというデザイン領域のプロフェッショナルが集い、生産や流通を支える包装材料としての面だけではなく、作品のデザイン性や創造性を競うコンペティション。


〈上善如水 純米吟醸 ペットボトル 300ml〉 白瀧酒造株式会社 第58回ジャパンパッケージングコンペティション 経済産業大臣賞

◇2019日本パッケージングコンテスト(第41回)  35点 ※写真のみの展示3点も含む
主催:公益社団法人日本包装技術協会
材料、設計、技術、適正包装、環境対応、デザイン、輸送包装、ロジスティクス、販売促進、アイデアなどあらゆる機能から見て年間の優秀作品を選定するコンテストです。 ジャパンスター賞12賞をはじめ、6つの包装技術賞、13の包装部門賞がある。
※受賞作品すべての展示ではありません。 印刷博物館ではこのうちのジャパンスター賞と包装技術賞の一部を紹介する


〈aibo Package〉ソニー 日本パッケージデザイン大賞2019 大賞

 

開催概要

会期:2019年9月28日(土)-12月8日(日)
会場:印刷博物館 P&Pギャラリー 入場無料
開館時間:10:00-18:00
休館日:毎週月曜日 (10月14日、11月4日は開館)、10月15日(火)、11月5日(火)
共催:凸版印刷 印刷博物館、日本印刷産業連合会、日本パッケージデザイン協会、日本包装技術協会
住所:東京都文京区水道1丁目3番3号 トッパン小石川ビル
電話:03-5840-2300(代表)
WEB
https://www.printing-museum.org/exhibition/pp/190928/

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.