プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

リコーの「ラベルレスサーマル」 セブン‐イレブンの総菜パッケージで採用 レーザーで印字し紙ラベルを不要に!


【2022年5月9日】リコーのサーマル印字技術「ラベルレスサーマル」がこのほど、セブン‐イレブン・ジャパン(セブン‐イレブン)の商品パッケージに採用された。

ラベルレスサーマルは、リコーが開発したサーマルインクを印字したい部分にコーティングし、その部分にサーマルヘッドやレーザー装置で熱を加えることにより直接印字するもの。
フィルム以外にも紙や段ボールなどのメディアに直接印字できる。

今回は、セブン‐イレブン店舗で販売されるサラダ3種類のパッケージに、この技術が採用され、原材料などの情報が直接印字されている(約1,700店、期間限定)。

従来はこれらの情報が印字された紙ラベルをパッケージの裏面に貼り付けていたが、紙ラベルは不要となり、環境負荷を低減するという。
また、必要な情報を裏面から天面に移すことで、原材料、アレルゲン等の情報の視認性が向上。さらに製造工程でも、紙ラベルの貼り付け作業や消耗品であるインクリボンの交換の手間が不要になり、小売り・流通業界など幅広い分野で生産性の向上を実現する。

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.