プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷 新型包材「いただきピロー」を開発 レンジでチンしてそのまま食器に 製造側も設備追加は最小限で可能


【2022年5月9日】凸版印刷はこのほど、「サステナブル バリュー パッケージ」のラインアップの一つとして、新型包材「いただきピロー」を開発した。

同商品はレンジ調理時の自動通蒸が可能で、開封後にそのまま食器として使用できる。
従来のプラスチックトレー入りの製品と比較して、プラスチック使用量を約76%削減。外袋と内袋からなる軟包装パッケージ製品と比較してプラスチック使用量を約35%削減し、包材製造時のCO2排出量を約20%削減する。
4月から冷凍パスタや冷凍チャーハンなどの冷凍総菜向けに、サンプル出荷を開始する。

持続可能社会のプラ削減はもちろん、コロナ禍の内食需要により、食に関する時間の短縮や手間の削減など「食の簡便化」のニーズが高まっている。
このような「即食ニーズ」に応える代表的な容器に「トレイ」と「パウチ」があり、「トレイ」は食べやすいが廃棄時にかさばる、「パウチ」は廃棄しやすいが食器への移し替えが面倒、という課題があった。

こうした市場背景を受け、凸版印刷は2019年8月から、加工食品の包装に使用されていたプラスチックトレーを使用しなくても、そのまま食べられる新型レトルトパウチ「いただきパウチ」を開発、販売してきた。

今回の「いただきピロー」は、既存の巻取り包材用充填機が使用可能なため、レトルト食品だけでなく、冷凍食品やチルド食品でもプラスチックトレーを使用しない食品包装の対応が可能となった。

食品メーカー側も、巻取り包材に特殊なレーザー加工を施しているので、大きな設備改造は不要で、従来使用している巻取り包材用充填機で生産できる。

凸版印刷は、4月から「いただきピロー」のサンプル出荷を開始。2023年度に関連受注を含めて5億円の売上げを目指す。

「ちきゅう」/サステナブル バリュー パッケージ」
https://www.toppan.co.jp/living-industry/packaging/sustainability/

「レンジ対応パッケージ」 
https://www.toppan.co.jp/living-industry/packaging/products/microwavable_package/index.html

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.