印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

「どんぐりポイント制度」を凸版印刷が導入! まずはカレンダー配布「エコプロダクツ」で ユーザー企業の申請支援もします


【2015年12月8日】凸版印刷は、環境保全活動に貢献できる「どんぐりポイント制度」に参加。12月10日(木)~12日(土)、江東区の東京ビッグサイトで開催される展示会「第17回エコプロダクツ2015」のトッパンブースにて、本サービスを紹介するとともに、トッパンブース内のイベントの参加賞として、「どんぐりポイント」を付与したカレンダーを9,000部を配布する。

「どんぐりポイント制度」は、低炭素製品の普及を促し、社会全体のCO2排出量の削減を目的とした経済産業省の取り組みのひとつ。カーボン・オフセットによってCO2排出量を相殺した製品・サービスに「どんぐりポイント」を付与し、ポイントに見合う金額を環境保護団体に寄付することで環境保全活動に貢献する。

WS000000

凸版印刷では導入に合わせて、自社の販促ツールに「どんぐりポイント」を付与する取り組みを開始。これにより、CO2排出量の削減・埋め合わせだけでなく、生物多様性などの環境保全にも貢献するという。

今後は、ユーザー企業の商業印刷物や出版物、一般証券印刷物などで、どんぐりポイント制度への申請支援までを含めたワンストップ支援体制の構築を目指す。

同社は、CO2排出量の削減の取り組みのひとつとして、2012年に民間企業で初めて「CFPシステム認証を取得。昨年度からは印刷物や出版物向けに、カーボンフットプリントを活用したカーボン・オフセット制度に対応するワンストップサービスを提供している。

また、今後も、持続可能な社会の実現に貢献するため、顧客企業や最終消費者と協働し、社会的課題の解決に取り組んでいくとしている。


Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.