プリント&プロモーション――印刷ニュース NO.1サイト――

FFGS「JANPS2015」で新聞用完全無処理CTPプレートを初公開


【2015年6月30日】富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(FFGS)は、7月22日(水)から3日間、江東区有明の東京ビッグサイトで開催される「JANPS2015 新聞製作技術展」で、国内初となる新聞用完全無処理CTPプレートを発表する。

富士フイルムは、今年4月、オフセット印刷分野における省資源ソリューションとして、世界共通の新ブランド「FUJIFILM SUPERIA」』を発表した。
今回のJANPS2015のFFGSブースでは、同ブランドの新聞向けラインアップとして、画期的な新聞用完全無処理CTPプレートをメインに披露。同じく新聞向けの有処理CTPに関する最新情報も交えながら「環境負荷低減」「生産性向上」など、現場にもたらされるメリットをわかりやすく伝える。

このほかにも、ワークフローシステム「XMF」「XMF Remote」を核とした紙面入稿システムや、磁気テープを活用したデータアーカイブソリューション「d:ternity」(ディターニティ)など、新聞製作の効率化に貢献するソリューションを紹介する。
なお、初日の7月22日(水)には、会場内のセミナーゾーンで、新聞用完全無処理CTPプレートに投入された新技術や、無処理化による具体的な省資源効果について解説する。
【FFGSセミナーの概要】
テーマ 「ついに登場!国内初、新聞用完全無処理CTPプレート~新聞社の最新ニーズに応える“究極の省資源ソリューション”」

講師 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ㈱
吉田南工場 生産開発センター 研究担当部長 西川 博史
日時 7月22日(水) 12:45~13:30
会場 セミナーゾーンA
定員 100名
申込み先 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ㈱
JANPS2015 FFGSセミナー事務局(☎03-6419-0421)まで。


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.