プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

アルファーデザイン 基板防湿剤塗布装置「DCF-605PU」を発売 プリント基板への塗布をインクジェットの技術で


【2021年9月8日】アルファーデザインは10月21日(火)、基板防湿剤塗布装置「DCF-605PU」を発売する。同社はミマキエンジニアリングの子会社。

「DCF-605PU」は、プリント基板の防湿・絶縁を目的とした「防湿剤」を塗布でき、手作業で行っている刷毛塗りやスプレー塗布の工程を自動化し、多品種・少量生産に対応できるエントリーモデルの塗布装置。
プリント基板を高温や多湿、結露、塩水噴霧、腐食性ガス等から保護し、長期的に信頼性を向上させる。
特に「NTF(Not Trouble Found:再現しない不良)」の原因の1つである「導電性ごみ・害虫ごみによるプリント基板のショート」を防止できる。

装置はインクジェットプリントの技術を使うことで、複数の異なる形状の基板も一括塗布が可能。短時間で防湿剤の洗浄・/交換ができるため、素早い段取り替えにも対応する。
ノズルは2種ノズルを標準添付し、効率の良い塗布方法を選択できる。塗布膜厚が一定しない手作業塗布と比較し、ムラのない塗布品質で再塗布作業を低減し、歩留まりを向上する。

また、誰でも簡単に塗布経路データが作成でき、基板塗布専用アプリケーションソフト“ACRC”が標準添付されている。データの保存管理により、リピート品の即塗布も実現する。
さらに操作用パソコンと塗布装置を隔離することができ、揮発性のある防湿剤からオペレータや周囲作業者を守り、労働環境の改善と働き方改革を実現する。

有効塗布範囲は520 (X) × 450 (Y) × 40mm(Z)、セット可能基板サイズは50~550 (X) × 50~450mm(Y)。
外形寸法は1,170 (W) × 1,045 (D) × 1,480 mm (H)で、テーブル面の高さが約780mm、重量は130kg以下。

問い合わせはアルファーデザイン埼玉営業所(☎049-293-2795)まで。

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.