プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

産業調査資料「食品トレーサビリティの世界市場2017-2026」の取扱・販売を開始 H&Iグローバルリサーチ


【2018年10月1日】H&Iグローバルリサーチはこのほど、Stratistics MRCが発行した産業調査資料「食品トレーサビリティの世界市場2017-2026」の取扱・販売を開始した。

同調査レポートでは、食品トレーサビリティの世界市場について調査・分析している。
内容は市場概要、市場環境、食品トレーサビリティ市場規模、技術別(赤外線、バイオメトリクス、GPS、RFID、バーコード、NFC)分析、機器別(2D・1Dスキャナー、センサー、タグ・ラベル、サーマルプリンター、その他)分析、エンドユーザー別(倉庫、政府の行政省庁、製造、小売、農家、防衛・セキュリティ部門、その他)分析、用途別(シーフード製品、生鮮食品・種子、飲料製品、肉・家禽)分析を行っている。
また、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などが含まれている。

調査レポートの概要

◆日本語タイトル:食品トレーサビリティの世界市場2017-2026
◆英語タイトル:Food Traceability – Global Market Outlook (2017-2026)
◆商品コード:SMRC809001
◆発行会社(調査会社):Stratistics MRC
◆発行日:2018年8月20日
◆ページ数:202
◆レポート言語:英語
◆レポート形式:PDF
◆納品方法:Eメール
◆調査対象地域:グローバル
◆産業分野:食品・飲料

 

調査レポートの目次(一部抜粋)

・ エグゼクティブサマリー
・ 序文
・ 食品トレーサビリティの世界市場:市場動向分析
・ 食品トレーサビリティの世界市場:競争要因分析
・ 食品トレーサビリティの世界市場:技術別(赤外線、バイオメトリクス、全地球測位システム(GPS)、無線ID(RFID)、バーコード、近距離無線通信(NFC))
・ 食品トレーサビリティの世界市場:機器別(2D・1Dスキャナー、センサー、タグ・ラベル、サーマルプリンター、その他)
・ 食品トレーサビリティの世界市場:エンドユーザー別(倉庫、政府の行政省庁、製造、小売、農家、防衛・セキュリティ部門、その他)
・ 食品トレーサビリティの世界市場:用途別(シーフード製品、生鮮食品・種子、飲料製品、肉・家禽)
・ 食品トレーサビリティの世界市場:主要地域別分析
・ 食品トレーサビリティの北米市場規模(アメリカ市場等)
・ 食品トレーサビリティのヨーロッパ市場規模
・ 食品トレーサビリティのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等)
・食品トレーサビリティの世界市場:主な市場開拓
・ 関連企業分析

「食品トレーサビリティの世界市場2017-2026」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/food-traceability-global-market-outlook-smrc809001-report


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.