プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

サントリー緑茶「伊右衛門ラベルレス」を発売 緑茶の水色(すいしょく)を魅せるボトルに


【2020年4月23日】サントリー食品インターナショナル(株)は4月21日、サントリー緑茶「伊右衛門ラベルレス(首掛式ラベル付)」を全国のコンビニエンスストアと交通売店で、数量限定で販売している。

「伊右衛門」は今月、発売以来最大のリニューアルをおこない、緑茶本来の“鮮やかな緑の水色(すいしょく)”を実現。ラベルレス展開は、この色を最大限体感できるものとして行い、一般商品につけているシュリンクフィルムのラベルを排除した。このラベルの代わりとして、ボトルの上部に「首掛け式」のラベルを使用し、食品表示法の規定をクリアしている。

サントリー緑茶「伊右衛門」は2004年の発売。2019年には累計販売本数100億本を突破している人気商品。

ラベルレスの展開では、アサヒ飲料が「『アサヒ おいしい水』天然水 ラベルレスボトル」を2018年から販売しており、今月リニューアル。コカ・コーラも今月「い・ろ・は・す 天然水 ラベルレス」を発売するなど、各社が力を入れ始めている。

 

【関連記事】

「アサヒ おいしい水」天然水 ラベルレスボトルを刷新 リサイクルマークのタックも排除

コカ・コーラシステム 商品にラベルを貼らない「い・ろ・は・す 天然水 ラベルレス」を発売

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.