プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

Too 文字検版支援ソフト「フォルトファインダープロ」にビットマップ化機能 パッケージ表示の校正をデジタルに コージーコーナーの事例も紹介

【2023年10月26日】Tooは、パッケージ表示の校正をデジタル化する文字検版支援ソフトウェア「フォルトファインダープロ」のオプション機能として、ビットマップ化された文字やバーコードの検査も可能になる「AIOCR」の提供を開始した。

フォルトファインダープロは、パッケージデザイン向けの文字検版支援ソフト。
パッケージ表示の読み合わせや目視確認を効率化し、表示ミスを未然に防止する。文字原稿とレイアウトデータや、アウトライン化された文字の自動照合が可能で、商品パッケージ制作のさまざまなチェックシーンで活用できる。

今回オプション機能として、ビットマップ化された文字やバーコードの検査も可能になる「AIOCR」の提供を開始。従来では困難だったビットマップ化された文字の認識精度が向上し、より正確な照合が可能になった。
また、版下の1次元バーコードやQRコードを読み取り、原稿のテキスト情報との照合が可能。検査の幅が広がるため、パッケージ版下の検査だけでなく、ラベルやインボイス書類など、文字情報の目視確認が必要なさまざまなシーンでの活用を想定する。

「AIOCR」オプションの提供開始に合わせて、銀座コージーコーナーフォルトファインダープロ導入事例を公開した。
同社は以前から、フォルトファインダープロを導入し、食品パッケージの校正をデジタル化していた。
新たに「AIOCR」を導入することでビットマップ化されたデータの検査も可能になり、一層の効率化が実現した。

フォルトファインダープロの詳細
https://www.too.com/product/fault-finder-pro/

銀座コージーコーナーの導入事例
「食品パッケージの校正をデジタル化。生み出された時間で商品の企画に専念したい」

https://www.too.com/fun/case/fault-finder-pro/cozycorner.html

Tooのデジタル校正ページ
https://www.too.com/fun/proofreading/

 

Copyright © 2024 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.