プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

福島印刷工業 「LIMEX製インモールドラベル」を「CITE JAPAN 第11回 化粧品産業技術展」へ初出品 5月17日〜、パシフィコ横浜

【2023年5月8日】福島印刷工業は、TBMと連携して開発した「LIMEX製インモールドラベル」を5月17日(水)〜5月19日(金)、パシフィコ横浜(所在地:横浜)で開催される「CITE JAPAN 第11回 化粧品産業技術展」へ初出品する。

出展ブースでは、このほかシュリンクラベルで高級感を演出した「LXシリーズシュリンクラベル」や、環境配慮型パッケージ、デジタル印刷を活用したパッケージを展示する。

LIMEXは、主原料が石灰石で、紙やプラスチックの代替となる素材。プラスチックや紙を製造する際に使用する石油、水、森林資源といった資源の保全に貢献する。
すでに10,000以上(事業所数含む)の企業や自治体等にて採用されており、世界40カ国以上で特許を取得、COPやG20などの国際会議で紹介されるほか、UNIDO(国際連合工業開発機関)のサステナブル技術普及プラットフォーム「STePP」 に登録されている。

福島工業では「LIMEXボトル」と同素材の「LIMEXインモールドラベル」を一体成形。これにより、従来のプラスチック製ボトルと比較して、石油由来プラスチックの使用量の削減が可能。ラベルには、環境に配慮したバイオマスインキを使用し、環境にやさしいモノづくりを実現する。

容器の成型時に熱融着によって、容器と一体化するラベル。トイレタリー、化粧品、食品・飲料、医薬品など、多業界で採用されている。耐水性、耐油性・耐薬性、耐摩擦性、再現性、高輝度の加飾性に優れているのが特長。

同社は、オフセット印刷の枚葉・輪転、フレキソ輪転を保有しており、高い表現力があるという。また、白いデザイン部分の高い隠蔽性を実現できるシルクユニットや、多色の輝度表現ができるコールド箔なにも対応する。

福島印刷工業
https://net-fp.co.jp/

 

Copyright © 2024 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.