プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

OKIと大成 建設現場の情報一元管理システム「T-Communication」を開発 シンプルにデータ整理し帳票化可能に


【2022年2月15日】OKIはこのほど、建設現場での生産性を向上させる情報一元管理システム「T-Communication(ティーコミュ)」を、大成建設と共同で開発した。
ティーコミュは、作業者の会話や写真を含む現場の情報をタブレットなどのスマートデバイスを用いてデジタル情報として整理し、自動で帳票を作成して、関係者全体の共有情報とするもの。

デジタル機器操作に不慣れな現場作業者にも使いやすい簡易な操作性を実現しており、その導入効果は建設中のOKI本庄工場H1棟(埼玉県本庄市)をはじめとする複数の建設現場で確認されている。

建設現場では従来、安全・品質などに関する書類作成に多くの時間と労力を費やしており、その時間短縮、およびデータ処理などに係る管理業務の効率化が課題となっていた。
対策として、スマートデバイスにより各種情報を自動帳票化する技術も導入されてきたが、多機能で複雑な操作が必要なシステムが多く、シンプルで簡易な操作性を備えた仕組みが求められていた。

ティーコミュは、スマートデバイスによる各種情報の整理や自動帳票化や共有、一元管理を可能にした。さまざま作業環境から相互に共有・交換したデジタル情報を作業ごとに整理でき、個別情報シートや時系列ごとの一覧表などを自動帳票化し関係者全体で共有できる。

OKIは、引き続き大成建設の建設現場約50カ所で行われる追加実証実験により得られるデータをもとに、建設現場のDX化に寄与する取り組みを加速していく。

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.