プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷 コミックなどの制作支援サービス「MANGA CREATIVE WORKS」を開始 市場の拡大に合わせて


【2022年3月14日】大日本印刷は、コミックなどのコンテンツの創出から制作、各種データへの変換を一貫して支援する体制(スタジオ)「MANGA CREATIVE WORKS」を構築し、社外パートナーと連携して、出版市場の活性化に向けたサービスを開始する。

「MANGA CREATIVE WORKS」では、小説などのコミカライズや電子書籍の制作、縦スクロールマンガへの変換・制作、着彩(カラー化)、多言語翻訳、動画・音声の作成などを行う。
この体制は、出版社が従来、複数の制作会社ごとに行っていた発注・作業指示・校正などの業務を一元化し、負荷を低減。パートナーとなる制作会社は、個々の事業規模に応じた業務を受託することで、安定的な仕事量を確保できる。

クリエイターや出版社はもちろん、各企業が保有するコンテンツのコミカライズによる知的財産(IP:Intellectual Property)の創出や、国内外のコミック市場開拓に対するパートナーとの連携強化を進めるなど、体制の強化・拡大を図る。
これらにより、高い品質の成果物を創出するとともに、効率的な制作体制を確立することで、コストと負荷をともに削減し、出版社のマンガコンテンツの多メディア展開を支援。新しいIPの創出や国内外に向けた公式コンテンツの流通を促進するほか、海賊版の防止にもつなげる。

背景には、国内のコミック全体で2021年に約6,759億円と、2年連続で過去最大になった市場の拡大がある。一方で、制作は分散化の必要性など課題が多い。

同サービスは2022年4月に、本格的な提供を予定。現在、コンテンツ制作に関する10社のパートナーの参画が決まっており、22年度中に約35社との契約を目指す。
DNPは、本体制の構築・運用によって国内外のマンガ制作関連事業を拡大して、2021年度の売上40億円から、5年後には約3倍の150億円の売上を目指す。

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.