印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

「DNPチルドレディミール包装システム Micvac」が韓国で初採用 調理と殺菌処理1ラインで 45日間保存可能


【2016年2月1日】大日本印刷(DNP)が提供する「DNPチルドレディミール包装システム Micvac」が、韓国の大手食品メーカーのデサングループで採用された。韓国での導入は同社が初。
dnp012803
1ラインで製造が完了する加熱殺菌処理システム

「Micvac」は、冷蔵で45日間という長期保存可能な「調理済み食品(レディミール)」を製造できるシステム。マイクロ波により、調理と殺菌を同時に行い、専用容器に密封するため、ビタミンやタンパク質などの栄養素を損なわず、野菜のシャキシャキ感など、食材の美味しさを保持できることが特長だ。

1 2

デサングループで採用されたのは400g用と250g用の2サイズで、韓国料理のほか、ベルギー、フランス、イギリスなどの各国料理のレディミールを製造する。

一人暮らしの増加などライフスタイルの変化に伴い、電子レンジで調理できるレディミールの需要が増加しており、同システムの活躍の場も増えている。また、同システムは2015年12月、日本有機資源協会主催の第3回「食品産業もったいない大賞」の審査委員会委員長賞を受賞している。

DNPは、韓国以外のアジア諸国に向けたシステムの販売を強化。さらに、2016年から2種類の食材を一つのトレーで処理できる容器や、業務用パウチの開発などを進め、順次、容器のラインアップを拡充していく予定。
同システムと専用容器などの提供によって、2020年度には12億円の売上を目指す。


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.