プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷 「上善如水」に採用 リサイクル可能&遮光性・バリア性あるフィルム複合型PETボトル 


【2018年10月2日】大日本印刷(DNP)が開発した、遮光性やバリア性に優れた「DNP機能性フィルム複合型PETボトル Complex Bottle(コンプレックスボトル)」が、白瀧酒造の日本酒「上善如水(じょうぜんみずのごとし)」で採用された。

Complex Bottle 大日本印刷 上善如水

「DNP機能性フィルム複合型PETボトル Complex Bottle」は、透明なペットボトルに遮光性や酸素バリア性などの機能を持った着色フィルムを被せて一体成形し、ボトル底部まで覆ったもの。
軽量で使いやすいペットボトルだが、現国内ではペットボトル本体への着色が認められておらず、遮光性や酸素バリア性が求められる酒類などでの使用は、極めて困難とされてきた。
「Complex Bottle」は、この課題解決したもの。

Complex Bottle 大日本印刷 上善如水

白瀧酒造は10月1日、持ち運びやすいペットボトルの商品として、同社の主力商品のひとつである「上善如水 純米吟醸 300ml」を発売した。価格は583円(税別)。

「上善如水 純米吟醸 300ml」は、DNPのComplex Bottleを使用。
従来の上善如水シリーズのオリジナルのビンの形状を再現するとともに、酸素バリア性に優れ、外装の白色フィルムによって遮光性も向上し、長期間の品質保持に対応した。
ペットボトルはガラスビンよりも軽量で持ち運びやすく、落としても割れないためアウトドアや行楽などのさまざまなシーンで活用できる。

Complex Bottle 大日本印刷 上善如水

今後、DNPは「DNP機能性フィルム複合型PETボトル Complex Bottle」の販売を強化し、2020年度に年間10億円の売上を目指す。

なお、「Complex Bottle」は今日10月2日から、東京ビッグサイトで開催される「TOKYO PACK2018(2018東京国際包装展)」のDNPブースで展示される。

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.