プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷の「紙素材チャック付きスタンディングパウチ」 日本コカのフリーズドライ飲料で採用


【2021年5月11日】凸版印刷は、「紙素材チャック付きスタンディングパウチ」を開発。今回、日本コカ・コーラの新製品フリーズドライ飲料「1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)」で採用された。

スタンディングパウチは、食品の一次容器にも対応可能な紙素材を使用したチャック付き包装。ベースの基材に紙素材を採用しているため、従来品に比べプラスチック樹脂使用量を約13%、CO2排出量を約18%削減している。
また、紙重量が包装材全体重量の50%を超えているため、容器包装リサイクル法上の「紙製容器包装」に分類され、「紙マーク」を表記できる。

採用の背景には、SDGsなど環境負荷を低減するパッケージへの注目がある。
日本コカ・コーラでは2018年から、2030年までにすべてのPETボトルを100%サステナブル素材に切り替えることなどを骨子とした「容器の2030年ビジョン」を策定し取り組んでいる。

新製品の「1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)」は、環境配慮とユーザビリティの両立を実現していることから、高い評価を得た。また、紙素材が与える「質感・風合いの良さ」も製品イメージとマッチし、採用された。

「1,2,CUBE 緑茶」「1,2,CUBE 麦茶」は5月19日(水)、「1,2,CUBE 珈琲」は6月28日(月)、Amazon.co.jpにて数量限定で発売される。

1,2,CUBE
https://c.cocacola.co.jp/12cube/index.html

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.