プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

東武鉄道 忘れ物対策に位置情報を発信タグ「MAMORIO」を試験運用 13駅に受信スポット


【2017年8月10日】東武鉄道は8月9日から、位置情報発信サービスを展開するMAMORIOと協力し、東武線内の忘れ物の集約駅である13駅で、位置情報を発信タグ「MAMORIO」と、それを受信する「MAMORIO Spot」を利用した「お忘れ物自動通知サービス」の試験運用を開始した。

東武鉄道 MAMORIO 東武鉄道 MAMORIO

サービスでは、あらかじめ物品に取り付けられた「MAMORIO」から発信される位置情報を、「MAMORIO Spot」が受信すると、専用アプリをインストールした持ち主のスマートフォンへ位置情報を通知するシステム。

東武鉄道 MAMORIO

東武鉄道では専用の受信設備である「MAMORIO Spot」を忘れ物の集約駅である13駅に設置。観光拠点である浅草や東武日光、池袋、川越市といった駅が含まれることから、日常の利用者だけでなく、観光客などの利用も想定している。

また、同サービスは東武鉄道のほか、首都圏の鉄道各社や商業施設でも導入を行っており、同社以外のMAMORIO Spot」に忘れ物が届けられた場合でも、その位置情報が通知される。
試験運用期間は2018年3月31日(土)まで。

「MAMORIO」は、オンラインショップ、大手家電量販店、大手百貨店などで1個3,780円(税込み)で販売されている。

東武鉄道 MAMORIO

東武鉄道ではサービスについて「利用されるお客さまにとって、利便性の高いサービスを提供することで、安心、安全、快適に利用いただけるよう努める」としている。


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.