プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

SOLIZEと日本HP 3Dプリントで日産「R32型スカイラインGT-R」の補修部品を供給


【2021年3月16日】SOLIZEと日本HPは、3Dプリントを活用し、日産自動車の生産終了となったヘリテージ車両(R32型スカイラインGT-R)の補修部品の共同開発とオンデマンドによる製造を開始する。


R32型スカイラインGT-Rのハーネス用プロテクター(樹脂部分)

部品を供給する両社は、デジタルマニュファクチャリングを推進するため、これまでもパートナーシップを継続してきた。
今回は、日産自動車が取り組む「NISMOヘリテージパーツ」で、3Dプリンティングによる補修部品の設計と製造を初めて実現した。

SOLIZEは、日産自動車と3Dプリンタによる生産に適した部品選定。その後、HP独自の3Dプリンティング技術であるMulti Jet Fusionプラットフォームを活用し、部品の設計と製造の最適化を行い、商用部品の製造を実現した。
初めて、3Dプリンティングを使用した部品として復刻生産されるのは、「R32型スカイラインGT-R」のハーネス用プロテクター(樹脂部品)。

SOLIZEの3Dプリンティングサービス
https://www.solize.com/service-solution/3dprinting/

HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション
http://jp.ext.hp.com/printers/3d-printers/

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.