プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷「キャッシュレスプラットフォーム」の提供を開始 マーケ利用も可能に 2019年1月から


【2018年12月5日】大日本印刷(DNP)は2019年1月から、「キャッシュレスプラットフォーム」の提供を開始する。

「キャッシュレスプラットフォーム」は提供中の各種キャッシュレス関連サービスを連携。カード発行会社(イシュア)や加盟店のキャッシュレス対応をトータルに支援する。

大日本印刷 キャッシュレス

対応するのはクレジットやデビット、プリペイドなどの決済手段。また、QR/バーコード・非接触ICなどのインターフェースに対応したスマートフォン向けアプリサービス、さらに決済端末、生体認証などの本人認証サービス。
このほか、会員管理や加盟店管理、プロセッシング機能、マーケティング機能などをトータルに提供できる。

2019年度には、キャッシュレス推進協議会が進めるQR/バーコード決済の標準化に対応した、スマートフォンでのQR/バーコード決済サービスも提供する。

日本国内ではキャッシュレス決済比率は、2020年に30%になると予測されている。さらに日本政府は、、2025年までにキャッシュレス決済比率を40%に引き上げる目標を掲げ、QR/バーコード決済を導入する中小の小売店への優遇措置を検討している。

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.