プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

エプソン 産業向用大判プリンタ「 SureColor」シリーズ 新製品2機種を発表


【2021年7月1日】エプソンはこのほど、産業用大判インクジェットプリンタ 「SureColor」シリーズの新製品2機種を発表した。


「 SureColor」シリーズの新製品「SC-T7750D」と「SC-P8550D」

「SC-T7750D」は、本体とスタンドが一体となったスタイリッシュなデザインで、鮮やかな赤を含む POP ポスターに適したレッドインク搭載 B0 プラス対応モデル。POP やポスターで求められる鮮やかな赤色を再現するために、レッドインクを含む 6 色の「UltraChrome XD3 インク」を搭載している。

「SC-P8550D」は、人肌など階調性重視の高品位ポスターに適したグレーインク搭載 B0 プラス対応モデル。グレーインクを含む「UltraChrome PRO 6 インク」を搭載、6 色ながら従来の 9色機同等の写真画質を実現する。

新エンジン搭載の PS ユニット標準搭載で、透明・特色レイヤー、オーバープリント処理など特殊な加工を持つ PDF ファイル印刷に対しての印刷処理を速く正確に実現した。全色顔料インクにより、水濡れや色あせに強い。
いずれも今年 9 月発売。

両機種の本体は、奥行き 50 センチの薄い箱型形状で、設置面積を従来機から約 25%削減している。
ロール紙のセットから印刷までを機材正面ですべて操作できるため、壁にぴったりつけて設置することも可能。スペース効率を活かし狭い店内や事務所、店舗のバックヤードなどで快適に使用できる。

また、プリンターの天面がフラットに設計されているため、天板を使っての印刷物の確認や、PC 操作、用紙カットの作業台などとして活用できる。
本体内部にはインクが 10 本収納できるストレージスペースを有しており、消耗品などをすっきりと収納できる。
価格は「SC-T7750」が 748,000 円。「SC-P8550D」が748,000 円(いずれも税別)。

ロール紙ユニットは、異なる種類やサイズのメディアを、印刷に応じて自動で切り替え可能なダブルロールモデルを採用。同じ種類やサイズのメディアをセットすれば給紙容量を2倍にでき、長時間の連続稼働により業務を効率化する。

また7月中旬には、SureColor シリーズ用の新メディアとして、水濡れや紫外線による色あせに強く屋外ポスターの印刷に適した「耐水合成紙ロール」を発売する。

同社では、今後 1 年間でSureColor シリーズ水性顔料機全体で約 9,000 台の販売を目標としている。

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.