プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷 単一素材でメタリック調の「ラミネートチューブ」を開発 東南アジアで需要


【2019年9月12日】大日本印刷(DNP)はこのほど、単一素材でメタリック調の意匠を実現した「ラミネートチューブ」を開発。東南アジアをはじめ国内外のマーケットに広く販売していく。

新製品は、高級感のあるメタリック調でありながら、リサイクルに適したモノマテリアルを実現している。
メタリックのラミネートチューブは、色調表現の輝度を高めるため、従来はPE(ポリエチレン)フィルムに、アルミ箔やアルミ蒸着PET(ポリエチレンテレフタラート)フィルムを積層して製造していた。

一方、PEフィルムとアルミ蒸着PEフィルムのみで積層したパッケージは、リサイクル適性に優れているが、一般的な加工技術では輝きが薄れ、メタリック調の輝きが損なわれてしまう。

この課題に対して、新製品ではPE樹脂の選定とアルミ蒸着、フィルム積層方法に工夫を加えることで、モノマテリアルでありながら、金属のような高級感のあるメタリック調の意匠を実現した。

 

東南アジアで需要

用途は、ヘアケアやボディーケアなどのパーソナルケア製品をはじめ高級感のあるイメージが求められる製品。東南アジアの大手ブランドメーカーから、その意匠性とリサイクル適性が高く評価されており、ラミネートチューブ容器向けの“メタリックモノマテリアルシート”として、2019年から採用され始めている。

DNPでは、東南アジア市場をはじめ、欧州や米国、アジア諸国や日本国内などで、このラミネートチューブの販売を強化。パーソナルケアや化粧品、食品、ホームケア、工業分野のメーカーなどに販売し、2022年度は年間10億円の売上を目指す。

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.