プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

コダック ジャパン 無処理CTP プレートの新製品「KODAKSONORA CX」を発表 「page2018」で展示


【2018年2月5日】コダック ジャパンはこのほど、無処理CTP プレートの新製品「KODAKSONORA CX」を発表した。

「KODAKSONORA CX」は、省電力 UV への対応を実現した完全無処理 CTP プレート「KODAK SONORA」の性能をさらに高めた製品。
「SONORA CX」は、これまで一部のユーザーが課題していた耐刷性や、耐傷性が大幅に向上。耐刷性に関しては、従来の 1.5 倍から 2 倍にまで向上し、耐傷性も従来の現像有りプレートと同等のレベルを達成している。

今回の改良は、2016 年秋に視認性を 1.5 倍にまで高めた改良に次ぐ 2 回目の製品改良で、性能アップを機に、製品名称を「SONORA CX」へと改めている。
また、商業印刷向けの「SONORA CX」の発表と同時に、これまで要望の高かった新聞印刷向けの完全無処理 CTP プレートとして「SONORA NX」も併せて発表している。

完全無処理 CTP プレートの SONORA は、海外での 3,500 社を超える豊富な導入実績をベースに、コダック ジャパンの群馬事業所の研究開発部門で開発され、2015 年 6 月に日本市場向けに最適化した製品としてリリースされた。
以来、日本国内での導入実績は350 社(2018 年 1 月 1 日現在)を超えている。

その活用分野は LEDUVや H-UV といった省電力 UV 印刷機導入ユーザーに加え、オフセット枚葉印刷機や、オフセット輪転印刷機、また減感インキを使用するビジネスフォーム印刷機、平台校正機、更には新聞印刷やパッケージ印刷にいたるまで広範囲となっている。

耐刷性が 1.5 倍から 2 倍、耐傷性も飛躍的に向上した 「SONORA CX」

なお、同製品は2 月 7 日(水)~ 日(金)までの 3 日間、サンシャインシティコンベンションセンターにて開催される「page2018」で、エコノミーCTPのKODAK ACHIEVE との組み合わせで紹介される。

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.