印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

「第1回3Dプリンターでフィギュア化イラスト・3Dモデルコンテスト」最優秀賞が決定 Shade3D主催


【2016年4月29日】国産3Dソフトを開発・販売するShade3Dは4月28日、「第1回3Dプリンターでフィギュア化イラスト・3Dモデルコンテスト」の最優秀賞を発表した。

同コンテストは3Dフィギア化を前提としたイラストと3Dモデリングのコンテスト。3Dプリンターでオリジナルフィギュアを出力することを通して3DCGに興味、関心を持ってもらうことや、3DCGや3Dプリンタをもっと身近に感じられることを目的としている。
審査は応募作品をWeb上で公開し、一般投票で最優秀賞を選出している。

初回は10代から50代までの幅広い年齢層から、2Dイラスト57体、3Dモデル17体の応募があり、投票の結果、キャラクターデザイン最優秀賞には橘さんの「妖狐」3Dモデル最優秀賞にはぢむさんの「人狐」が選ばれた。

最優秀賞に選ばれた2つの作品は、3Dプリント出力を行い、世界にただひとつのオリジナルフィギュアとして、受賞者に送付される。また、3Dプリントした作品は5月末にコンテスト特設ウェブサイトで公開される。
詳細はこちらから https://3dprintcon.shade3d.co.jp/

3Dキャラクター1
キャラクターデザイン最優秀賞
キャラクター名「妖狐」作者:橘 さん

3Dモデリング

3Dモデル最優秀賞
キャラクター名「人狐」作者:ぢむ さん

 

関連リンク
「Shade 3D」製品紹介ページ http://shade3d.jp/product/shade3d/v15/about.html
株式会社Shade3D webサイト http://shade3d.jp/
【関連記事】第一回 3Dプリンターでフィギュア化イラスト・3Dモデルコンテスト」 3Dモデルの募集を開始 優秀作品には豪華賞品 Shade3D

 


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.