プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

「繊維・紙・パルプ業界 他社牽制力ランキング2017」 3位はクラレ、2位は東洋紡、1位は… パテント・リザルト調べ


【2018年6月12日】パテント・リザルトは6月11日、「繊維・紙・パルプ業界 他社牽制力ランキング2017」を発表。この集計の結果、2017年に最も県勢力がある企業は、東レで、次いで東洋紡、クラレだった。

「繊維・紙・パルプ業界 他社牽制力ランキング2017」は、パテント・リザルトが独自に分類した繊維・紙・パルプ業界の企業を対象に、2017年の特許審査過程で、他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計したランキングデータ。

このデータでは、直近の技術開発で、競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業を明らかにしている。

パテントリザルト 繊維・紙・パルプ業界 他社牽制力ランキング2017

 

ランキング上位の概況は

1位の東レで、最も引用された特許は「積層体の製造方法」に関する特許(特許第6099875号)で、大日本印刷の特許5件を含む後発の特許9件の審査過程で拒絶理由として引用されている。
また、「黒色樹脂組成物、樹脂ブラックマトリックス基板およびタッチパネル」に関する特許(特許第5333670号)も数多く引用されており、東洋インキSCホールディングスと新日鉄住金化学の特許3件の審査過程で、それぞれ拒絶理由となっている。
東レの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は三菱ケミカル (112件)、次いで大日本印刷(57件)、旭化成(44件)だった。

2位の東洋紡では、最も引用された特許が「液晶表示装置、偏光板および偏光子保護フィルム」に関する特許(特許第4962661号)だった。すべてが大日本印刷の特許7件の審査過程で拒絶理由として引用されている。

このほか、「ガラス/樹脂積層体の製造方法」に関する特許(特許第5723776号)、「熱可塑性コンポジット用前駆体」に関する特許(特許第2720489号)、「通気性シート」に関する特許(特願2010-268527)が引用された件数の多かった。
東洋紡の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は三菱ケミカル(46件)、次いで、大日本印刷(26件)、富士フイルム(24件)。

3位のクラレが最も引用された特許は、「樹脂組成物およびそれを用いた多層構造体」に関する特許(特許第3602704号)で、すべてがユニチカの特許7件の審査過程で拒絶理由として引用されている。
次いで、「面光源素子およびその製造方法」に関する特許(特願2008-539858)が多く、3M INNOVATIVE PROPERTIESの特許3件を含む後発の特許4件の審査過程で拒絶理由とされた。
2017年に、クラレの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は住友化学(28件)、次いで、三菱ケミカル(19件)、大日本印刷(19件)。

この分析は、「繊維・紙・パルプ業界 他社牽制力ランキング2017」詳細を掲載している。
価格は50,000円(税別)。

 

申し込みは以下から
http://www.patentresult.co.jp/news/2018/06/paper.html

パテント・リザルト
http://www.patentresult.co.jp/

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.