印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

ウイル・コーポレーション HPのインクジェットデジタル印刷機「T490 HD」を導入 2017年に運用開始


【2016年9月16日】日本HPはこのほど、ウイル・コーポレーションへのインクジェット(IJ)デジタル印刷機「HP PageWide Web Press T490 HD(T490 HD)」の納入を発表した。
ウイル・コーポレーションでは「T490 HD」の導入について、商業印刷でのさらなる生産性向上や短納期への対応と、出版印刷分野でのビジネス拡充を目的としており、2017年に本格稼働を開始し、主に教材や参考書などの印刷に活用する。

「T490 HD」は、最大用紙幅が最大42インチ(1,067mm)、最大印刷速度は毎分305m(両面印刷)が可能なIJデジタル輪転印刷機。
新たに高精細ノズルアーキテクチャの採用により、大幅な生産性と印刷品質の向上を実現。より鮮明な文字と微細な線や、滑らかなグレーの発色・グラデーション、効果的なハイライト、細かな陰影を再現できる。
HP pagewide_web_press_t490_hd_cap

ウイル・コーポレーションは、DMや販促用の商業印刷の企画、提案、制作を中心にビジネスを展開しており、小ロットや在庫削減、短納期、可変印刷などへの対応のため、2015年秋にHPインクジェットデジタル印刷機「HP PageWide Web Press T230(T230)」と「HP Indigo10000デジタル印刷機」を導入している。

新規導入となる「T490 HD」は、「T230」の約5倍の生産能力を持つことから、小ロットから大量印刷までさまざまなニーズにこたえられる設備となる。

ウイル・コーポレーション digital-system

ウイル・コーポレーションの若林圭太郎常務取締役のコメント
弊社は顧客ニーズの変化に対してより効果的な提案を迅速に行っていくため、昨年よりデジタル印刷事業をスタートしました。「HP PageWide Web Press T230」と「HP Indigo10000デジタル印刷機」の導入に続き、新たに「HP PageWide Web Press T490 HD」とミューラー・マルティニ社製「シグマライン及びアレグロ」を採用することで、出版業界のきめ細かいニーズにより柔軟に対応していきます。

ここ数年、出版分野でのデジタル印刷ニーズが顕在化しています。弊社は小ロット対応、在庫削減、短納期実現といった課題にチャレンジする企業の受け皿になるべく、新サービス「W-BODサービス(ウイル・ブックオンデマンド)」を開始します。これまでに培ってきた商業印刷分野とともに、出版分野に力点をおき、HPと連携してデジタル印刷の可能性を広めてまいります。

 


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.