プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

小松印刷グループ 避難所向けに最適な「ダンボールウォール」を発売 什器製作のノウハウ盛り込む

【2023年7月11日】小松印刷グループは、避難所での使用に最適な段ボール製の間仕切り「ダンボールウォール」を発売した。

ダンボールウォールは、避難所などで使用される段ボール製のパーテーション。
連結パーツで構成されているので、組み立てに道具などは必要なく、接合部がしっかりしており、角が固定されているので、変形や揺れが少ない。120cmの高さがあり、内部のプライバシーを守る。また、出入口が広いバリアフリー設計で、車椅子でも通行が可能。
取手付きのケースに収納されているため、持ち運びも簡便で、コンパクトに収納でき、置き場所に困らない。
本体寸法はW200×H120×D200cm、ケース寸法W124×H64×D14cm、重量9Kg(ケース収納時)。

同社は長年、段ボール素材等を使用した店頭販促の什器を設計、製造を行っている。
今回の製品は、そのノウハウを活かたもの。
すでに香川県の琴平町で採用されている。

 

製品仕様

本体寸法:W200×H120×D200cm
ケース寸法:W124×H64×D14cm
重量:9Kg(ケース収納時)
材質:段ボール/ポリプロピレン
https://www.komatsuprinting.co.jp/products/cardboard_for_disaster/

小松印刷グループ
https://www.komatsuprinting.co.jp/

 

組み立て動画

 

Copyright © 2024 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.