プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

デザインプラットフォーム「Canva」に新機能 デザインツールからさらに進化 「Canva Docs」「Canva Webサイト」「ホワイトボード」など

LINEで送る

【2022年9月20日】デザインプラットフォーム「Canva(キャンバ)」(豪州)は年9月15日、前日シドニーで行われた発表会「Canva Create 2022: The Future Is Visual」で、「Canva Docs」「Canva Webサイト」「ホワイトボード」など新機能を多数発表した。
これにより、新たなカテゴリーへ進出するといった、同サービスの可能性が示され、「Canva」は、グラフィックデザインの編集ツールから、ビジュアルコミュニケーションプラットフォームへと進化するという。

 

Canva Docs

「Canva Docs」は、β版として提供。文書を作成し編集可能。Canvaのグラフィックエディタのドラッグ&ドロップによる直感的な操作性はそのままに、プロフェッショナルな印象の文書を作成できる。
複数の箇条書きフォーマットや表・グラフの作成にも対応し、1億点以上の素材を美しく配置。また、ビジュアル資料へのリンクをプレビュー付きで本文中に埋め込むことが可能なため、より一覧性の高い資料に仕上げられる。
公開にともない、ワンクリックでプレゼンテーション用スライドのフォーマットに自動変換できる機能「Docs to Decks」も加わった。

 

Canva Webサイト

ローンチされた「Canva Webサイト」は、完全レスポンシブ対応となり、パソコンやスマートフォンなど、デバイスを問わずWebサイトを公開できる。600種類以上あるテンプレートから、ブランドや目的に合ったデザインを選ぶことで、ノーコードでプロフェッショナルなホームページの作成が可能という。

Webサイトの公開に必要なドメイン取得もCanva上で無料から手続きができ、カスタマイズも可能。Canva Pro以上のプランであれば、既存の独自ドメインへの接続にも対応する。
テンプレートからだけでなく、手持ちのドキュメント、PDF、プレゼンテーション資料を、Canva Webサイト上にアップロードし編集できる。

「Canva Webサイト」では、アナリティクス機能を付属。閲覧数やWebサイト内のクリック数などを計測できるため、コーディングを必要としない効果的なマーケティングツールとしての運用もできる。

 

ホワイトボード

「ホワイトボード」機能では、ワークショップテンプレートを活用し、オンライン会議などでリアルと遜色ないブレインストーミングを実現し、議事録もビジュアル化できる。
また、プレゼンテーションの1ページをホワイトボードモードに切り替えることも可能。既存のスライド資料がワンクリックで大きなキャンバスとなり、周りにある余白を活用し、ブレインストーミングやワークショップ を数秒で始められる。
1億点を超える素材に加え、付箋やタイマー機能、図やフローチャート、カーソルのユーザー名表示など、アイディア共有機能が付属する。

 

このほか、「Canva Visual Worksuite」には、「動画の背景透過機能」や「プレゼンテーションのリモコン機能」「Canvaプリント対応製品の拡大」などがある。

日本では発表以降、新機能に関するコンテンツを約1カ月間にわたり公開していくローカライゼーションキャンペーンを行っている。

Canva Create公式ページ
https://www.canva.com/ja_jp/canva-create/

「Canva Webサイト」の詳細
https://www.canva.com/ja_jp/websites/

「ホワイトボード」の詳細
https://www.canva.com/ja_jp/online-whiteboard/templates/

「動画編集」の詳細
https://www.canva.com/ja_jp/videos/

「Canvaプリント」の詳細
https://www.canva.com/ja_jp/print/

 

LINEで送る

Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.