プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

中央大学 飯尾研究室とトッパン・フォームズ 「紙」と「電子」の情報伝達効率実験 通説とは異なる結果に


【2021年10月31日】中央大学 国際情報学部 飯尾研究室とトッパン・フォームズはこのほど、紙媒体と電子媒体の情報伝達効率の差異に関して、媒体への「慣れ」の影響度が高いことを確認した。

通説では電子媒体よりも紙媒体の方が、文章を読む速度や記憶の定着率などの情報伝達効率が良いとされてきた。また、同社でも2013年7月に、脳科学実験で「ディスプレーよりも紙のDMの方が理解度が高い」ということを確認していた。

しかし、デジタルシフトが急激に加速した近年には同様の研究は行われておらず、また年齢などの影響度も不明瞭であることから今回の実験を行った。
実験の目的は、現在の紙媒体と電子媒体の情報伝達効率の差異とその要因を検証することで、この研究に人間と情報システムのインタラクションを専門とする飯尾研究室とトッパン・フォームズは昨年度から着手している

同研究では、被験者を、若年層である20代、中年層である30~50代、高齢層である60~70代の3グループ、各10名に設定。
紙媒体と電子媒体それぞれの情報伝達効率の判断基準を、文章や図を含む原稿の「理解度」と「閲読時間」として分析した。

被験者には、紙とディスプレーそれぞれに同様の内容・体裁の文章・図を含む7パターンの原稿を提示し、理解度と閲読時間を測定した。
なお、理解度は、提示した原稿の内容に関する設問(4~5問)の正答率によって判断している。
また、紙媒体・電子媒体それぞれの「慣れ/不慣れ」や「好き/嫌い」といった利用状況などに関する属性アンケートも行った。

研究の開始当初は仮説として、「年齢層に関わらず、紙媒体が電子媒体よりも一貫して情報伝達効率が高い。ただし、年齢層が低いグループほど電子媒体の情報伝達効率が高くなる傾向がある」と想定していた。

理解度は、若年層では電子媒体の方が高くなり、中年層、高齢層では差は見られなかった。
また、閲読時間は、若年層・中年層では電子媒体で短くなり、高齢層では紙媒体で短い傾向だった。

この結果から、高齢層では紙媒体において閲読時間が短く、電子媒体との理解度に差は見られなかったため、仮説の通り紙媒体の方が電子媒体よりも情報伝達効率が高かったと言える。

一方、若年層・中年層では電子媒体において閲読時間が短く、理解度も若年層では電子媒体が高く、中年層では差が見られなかったため、仮説に反し、電子媒体の方が紙媒体よりも情報伝達効率が高かった。

その要因として、属性調査において、中年層のグループと若年層のグループでは「日常的によく使い、慣れている媒体は電子媒体である」と回答した割合が高かったことから、媒体への「慣れ」が影響していると考えられ、紙媒体と電子媒体のどちらが情報伝達に適しているかは、年齢や媒体自体の性質よりも、利用者と媒体の関係性の方が影響度が高いと結論付けた。

この結果から、ダイレクトメールや通知など紙媒体や電子媒体を用いるコミュニケーションにおいては、受け取り手の年齢だけではなく、属性を考慮した上で、最適な媒体を選択したり、紙媒体と電子媒体の両方を組み合わせたりといったきめ細やかな情報伝達手段の設計を行うことが重要であると考えられると結論付けている。

トッパン・フォームズ「『紙媒体の方がディスプレーより理解できる』 ダイレクトメールに関する脳科学実験で確認」(2013年7月23日 ニュースリリース)
https://www.toppan-f.co.jp/news/2013/0723.html

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.