プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

「プリント&プロモーション 人気記事ランキング2019 3位~1位」 第3位は「ナス」、2位は「令和」、1位は…


【2019年12月31日】今回も恒例の「プリント&プロモーション 人気記事ランキング2019」はいよいよ3位~1位を発表する。
このランキングはプリント&プロモーションに2018年11月1日~2019年10月31日までに掲載された中で、最もアクセス数の多かった10の記事をランキング形式で紹介するもの(年の前半に乗せた記事が有利となりやすいので、11月、12月は翌年のランキング対象としている)。

「プリント&プロモーション 人気記事ランキング2019 10位~4位」 平成から令和へ!…あんまり関係ない順位⁉

 

第3位 世界初!? ナスの形をした書籍『NASU本 前田高志のデザイン』

第3位はユニークな形をしたポートフォリオ(作品集)。作成したのは元任天堂のデザイナーで業界ではレジェンドの前田高志氏。
「よくこの形で、レイアウトと製本したな~」という感じで、記者なら面倒くさいから絶対にやらない複雑な形。いやできるけどね、確かにやろうと思えば…さすがレジェンドと思った。(2019年4月26日)

 

第2位 令和元年は「R1年」明治が「令和 お祝いボトル」

こちらも、今回やはり多い令和がらみのニュース。何も「R1」でお祝いすることもないと思ったが、「令和元年」→「Reiwa1」→「R1 」というつながりだそうで、なかなか味わい深い。

これが入るなら、「コカ・コーラ令和ボトル&令和ハイチュウ」かと思ったのに!たぶんタイトルの「【ちょいとコラム】新元号「令和」をめぐる印刷ビジネス 販促は拙速を尊ぶ?」が悪かった気がする。(2019年4月27日)

 

第1位 図形と文字を組み合わせたハンコ「TYPO(タイポ)」を発売

そして堂々の第1位はこのスタイリッシュなハンコ「TYPO(タイポ)」。
正直、記者も見た瞬間欲しくなったかっこよさ。もう、派生のシリーズが出ており、「会社判3点セット」もつい最近発売された。どうしよう、社判替えちゃおうかな?
この会社、このタイポハンコをTシャツにしたり、サンリオのキャラクターをハンコにしたり、楽しい展開を続けている。

今年は令和への改元によって、判子ビジネスが沸いた1年でもあった。(2019年2月6日)

はてさて、2020年はいよいよ「東京オリパラ」の年、そして「drupa2020」。プリント&プロモーション的には、ニュース盛りだくさんになりそうだが、どんなニュースがランクインするか、皆さん来年もご期待ください。

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.