印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

ビールテイスト飲料で初の「機能性表示食品」 アサヒビールが発売


アサヒビールは6月23日(火)、ノンアルコールや低アルコールでお酒の雰囲気を楽しめる「RTD(Ready to Drink)テイスト飲料」で初めて、「機能性表示食品」として受理された「アサヒスタイルバランス」を発売する。

新製品は4月1日に施行された食品法事法で定められた「機能性表示食品」で、難消化性デキストリン(食物繊維)を5g配合することにより、「食事の脂肪吸収を抑える」「食事の当分の吸収を抑える」という働きがある。

商品ラインアップは「ビールテイスト」「レモンサワーテイスト」「グレープフルーツサワーテイスト」の3種で、いずれも「アルコール0.00%」「カロリーゼロ」な上、毎日飲んでも飲み飽きないすっきりした味わいが特長。

パッケージには缶体上部に「機能性表示食品」「食事の脂肪や糖分の吸収を抑える」と記載し、果実のイラストで商品特長を表している。

同社では「『機能性表示食品』という新たな価値で健康機能性を重視するお客様のニーズに応え、ビールテイスト清涼飲料市場およびRTDテイスト清涼飲料市場の活性化を目指す」としている。

0522_02_01


Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.