印刷業界とユーザーをつなぐニュースサイト 

ミマキの新型UVインクジェットプリンタ「IGAS」に出展 スクリーン印刷市場をカバーする高性能機


【2015年9月8日】ミマキエンジニアリングは11月、高精度、フラットベッドUVインクジェットプリンタ(IJP)「UJF-7151 plus」を発売する。また、同機を9月11日~16日に東京ビッグサイトで開催される「IGAS 2015」(ブース番号:東1-7)で展示する。

55e6e4b822807

UJF-7151 plusは、UV硬化型インク搭載のハイエンドIJP。
機械構造の強化によりインクの着弾精度を高めたことで、細線や画像のエッジ、小さなフォントも美しく、ホワイトとカラーの2層印刷や、すでにプリントされている印刷面への追い刷りでもズレのないプリントを可能にした。
プリント範囲は710mm×510mm(28inch×20inch)と菊半裁判に対応しており、スクリーン印刷市場へのオンデマンドソリューションを提案できる。

55ed41774da80

機能では2方式のハイブリッドによるディザ処理で、ノイズを低減させる同社の特許技術「MFD1」や、パスの幅を拡散させバンディングや色ムラを抑える「MAPS4」により、元の画像の美しさをそのまま表現できる。

プリント速度は毎時3.3㎡と従来機の約1.8倍の生産性を実現。
プリントへンドにはヘッド内循環機構を搭載し、内部のインクを常に循環させることでプリントトラブルの原因となるノズル抜けの発生を軽減する。
さらに、ノズル抜けが発生した場合でも、その検出と復旧のためのクリーニングを自動で行う「NCU」と、クリーニングでも復旧しない場合に代替ノズルの設定を自動で行いプリントを再開する「NRS」をミドルクラスのフラットベッドUVプリンタに初めて搭載している。

価格は598万円(税別)。
世界での販売予定台数は1年間で300台。

問い合わせは同社グローバルマーケティング部(☎0268-64-2281)まで。

主な仕様
プリントヘッド:オンデマンドピエゾヘッド(6ヘッドスタガ配列)
プリント分解能:最高1200dpi
最大作図範囲:710mm×510mm(28inch×20inch)
最大メディア幅:710mm×510mm(28inch×20inch)
インク(種類/色):LH-100(C,M,Y,K,W,Cl)、PR-200(プライマー)、 LUS-120(C,M,Y,K,W)
容量:1Lインクボトル
ワーク厚み:153mm(6inch)以下
ワーク重量:10kg以下
電源仕様:単相AC100~120V / AC200~240V
消費電力:1.3kW
動作環境:使用可能温度:15℃~30℃、湿度35~65%Rh(結露なきこと)
精度保証温度:20℃~25℃
外形寸法(W×D×H):2,198mm×1,572mm×1,273mm
重量:317kg(専用台57kg含む)
販売予定価格 :5,980,000円(税別)
販売開始 :2015年11月
販売予定台数 :300台/年(全世界)


Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイト) . ALL Rights Reserved.