プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

カールスバーグ ビールのマルチパックを廃止 缶を接着する「スナップパック方式」を採用


【2018年9月13日】海洋プラスチックの問題が日々ニュースで取り上げられている中、海外から大きなニュースが飛び込んできた。

carlsberg-snap-pack-カールスバーグ スナップパック

ビールメーカーのカールスバーグはこのほど、ビール缶6本パックのプラスチック包装を一切やめ、缶同士を接着する方式「Snap Pack(スナップパック)方式」に切り替えるという。

スナップパックは、カールスバーグの6連缶に使用されているマルチパックを、缶を一緒に接着する方式に置き換える。
この方式の開発には3年かかったが、同社のパッケージ改良はこれだけではない。

carlsberg-snap-pack-カールスバーグ スナップパック

リサイクル性を向上させるためボトルラベルに有害部室の認証基準である「Cradle-to-Cradle Certified 」をクリアしたシルバーインクに切り替える。また、詰め替え用のガラスボトルに新しいコーティングを施し、寿命を延ばし、環境フットプリントを削減する。
さらに、酸素を除去してより長くビールを味わいにする新しいキャップを採用する。

これにより、世界中でプラスチック廃棄物を大76%、1200トン以上削減。これは600万本のビニール袋に相当する。

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.