プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

エプソン IJデジタル捺染機「Monna Lisa(モナリザ)」シリーズの新製品「ML-32000」を発売 標準モードで毎時 423 ㎡k実現 酸性・反応・分散・顔料インクに対応

LINEで送る

【2022年6月22日】エプソンは6 月 22 日、インクジェットデジタル捺染機 Monna Lisa(モナリザ)シリーズの新製品「ML-32000」を発売した。

 

出力速度は毎時 423 ㎡

「ML-32000」は、高生産性と高い印捺品質、安定稼働を実現したテキスタイル用プリンタ。PrecisionCore プリントヘッドを 32 個搭載し、標準モードで毎時 423 ㎡(600x600dpi–2Pass)の生産性を備えた「Evo Tre 32」の後継機。

各プリントヘッドチップの波形を個別に制御する「Dynamic Alignment Stabilizer(DAS)」技術により、高精度かつ高密度のドット配置を行い安定した印捺品質を提供する。
8 色のインクを左右対称に配列し、双方向印捺時も同じ順序で色を重ねることで、色ムラのない仕上がりを実現。
ベルト送り距離を自動検出し送り量を調節する「Accurate Belt Position Control(ABPC)」技術と併せ、高い生産性を維持。グラデーションや精緻で複雑な幾何学模様も、高い印捺制を発揮する。

 

ダウンタイム削減

また、インクミストを吸引ファンが排出し、ノズル表面への付着を防止。また、2種類のセンサーの搭載により、布にシワや折れなどが発生した場合でもセンサーが検知することで、プリントを停止し、ヘッド擦れを防止する。
ヘッド交換も、高精度なプリントヘッド位置合わせ機構により短時間で作業が完了するという。

インクラックを本体内に組み込むことで従来機に比べ設置面積を削減。インクは、大容量の10L(リットル)のカートリッジが装着でき、出力中でもインク交換が可能なため、中断せず生産を可能にする。

エプソン純正ソフトウェア RIP「Epson Edge Print Textile」は、プリントヘッドとインクの性能を最大限に生かすために開発されたもの。直感的に操作できる画面レイアウトで、Step & Repeat などテキスタイルの印捺に必要な機能を標準で搭載している。

 

多彩なインクに対応

搭載の「GENESTA インク」は、脱気式真空パックの酸性インク・反応インク・分散インク・顔料インクのラインアップで多種多様な生地やデザインに対応し、繊細な色使いから鮮やかな発色まで、思い通りに表現できる。用途により特色インクや浸透液も搭載可能。

繊維製品の化学物質に対する国際的な安全規格「エコパスポート」認証を取得し、酸性インクは bluesign に、反応インクと顔料インクは Global Organic Textile Standard(GOTS)認証機関である ECOCERT に承認されている。

同社では、新商品を含む Monna Lisa シリーズを、2025 年までに国内市場で累計 80 台の販売を見込む。

 

LINEで送る

Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.