プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

エプソン 半導体不足の影響受け「スマートチャージプラン対応」シリーズで一部仕様を変更 2月下旬から


【2021年2月12日】エプソンは、プリントやコピーの使用状況に合わせてプランや機器を選べるエプソンのスマートチャージ「LX-10050MF シリーズ」「LX-10020MF シリーズ」「LX-7550MF シリーズ」「LX-6050MF シリーズ」につきまして、部品調達の都合により一部仕様を変更する。

仕様変更は、世界的な半導体不足の影響を受け、現在の仕様を満たせる半導体の安定調達が難しい状況となったことから実施。半導体の仕様変更を実施することで、<LX>シリーズの生産数を確保していく。

この影響により、TEC 値、消費電力(スリープモード時)に変更が生じる。
変更は以下の通り。

2月下旬から順次切り替え予定。

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.