プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

モリサワ デジタル印刷システム「RISAPRESS C4080」シリーズの2機種を 検査装置&インラインで効率化


【2020年10月14日】モリサワはこのほど、デジタル印刷システム「RISAPRESS C4080」シリーズの2機種「RISAPRESS Color4080」と「RISAPRESS Color4070」を発売した。
「C4080」シリーズは、画質と用紙への対応力、自動品質最適化ユニットで評価がある「RISAPRESS C3080シリーズ」の後継機種となるもの。
「C4080」シリーズはライトプロダクションモデルで、商業印刷に加え、校正用印刷や企業内印刷にも利用できる。

「C4080」は、自動品質最適化ユニットにより、オペレーションの効率化・省力化を実現し、オペレーターの専門スキルを不要する。

新開発のインテリジェントメディアセンサー「IM-101」は、センサーに用紙を挿入することで自動的に用紙を読み取り、候補を表示。標準搭載された約300種類の候補から、最適な用紙を選択する。
また、色の濃度や色調、印字位置などの出力調整を自動化するインテリジェントクオリティーオプティマイザー「IQ-501」を用いた「自動検品システム」を搭載できる。

さらに、業界初となる「インライントリマーシステム(TU-510)」を開発し、四方断裁、名刺やカードの複数カッティング、折り目などのインライン処理を実現している。

このほか、エンボス紙への対応、質感や表現力の拡大、864mmの長尺紙への自動両面印刷が可能。A4サイズの三つ折り印刷物やポスターなどができる。

これらにより、名刺、カード、チケット、両面パンフレット、フルブリードポスターなどの後加工がインラインで自動処理となる。

「RISAPRESS C4070」は、本格的なデジタル印刷システムながらも、日本の一般的なコンセントに対応した100V電源対応モデル。設置のための電源工事が不要で、設置場所の制限もなく容易に導入することができる。
印刷・デザインオフィスはもちろん、一般企業の内製化印刷にも適している。

詳しい製品情報と仕様は以下から
https://www.morisawa.co.jp/products/pod/risapress-color4080/


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.