プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

ミマキ 3Dプリンタの正式名称、価格、詳細仕様などを発表 フルカラー1000万色超出力 販売目標は年間100台


【2017年8月30日】ミマキエンジニアリングは、11月に発売する3Dプリンタの正式名称を「3DUJ-553」と決定。価格や詳細仕様なども新たに発表した。

ミマキ 3Dプリンタ 3DUJ-553

「3DUJ-553」は、インクジェット方式では世界初となる1,000万色以上のフルカラー造形を実現。これまで展示会や内覧会などでデモンストレーションを行い、注目を集めてきた。

製品は、カラーインク(C,M,Y,K,ホワイト,クリア)で造形・着色することでJapan Color に対して89%の色域をカバー。透明度の高いカラーインクで、光が白色インク層で反射し、石膏などの材料に比べ発色の良い造形を実現する。

ミマキ 3Dプリンタ 3DUJ-553

インクはUV硬化型で、積層ピッチは最小22㎛を実現し、ディテールまで精巧に再現可能。また、水溶性のサポート材(造形時に微細な部分の隙間を埋めて支える材料)により、水で洗いだしでき簡単にサポート材を除去できる。

ミマキ 3Dプリンタ 3DUJ-553

また、インクジェット方式の3Dプリンタでは、世界初のカラープロファイルを採用。カラーマネジメントソフト「MPM3」では、PC のモニター上でプリント後の色が確認でき、モニター上の色と造形物の色合わせを容易にした。

ミマキ 3Dプリンタ 3DUJ-553

このほか、自動でノズル抜けを検出&解決する「NCU(Nozzle Check Unit)」や遠隔地からでも動作を確認できる「監視用カメラユニット」など、大判インクジェットプリンタ(IJP)で培った技術で操作性を高めている。

最大造形領域は508(W)× 508(D)×305mm(H)、本体サイズは2,130(W)× 1,335(D) × 1,320mm(H)、重量は590kg(インク重量含む)。
価格は1,780万円(税別)。

インク価格はシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックが31,900円 (1Lボトル)、ホワイト、クリアが136,100円 (4.8Lボトル)、サポート材が 67,800円(4.8Lボトル、すべて税別)。

751ca35a689aeedf21639756b9d38824 a21d229cb4e037ec46fb71ec652d4f26
カラー×クリアインク(左)とカラー×ホワイトインク

同社では販売目標を年間100台(全世界)としており、サイングラフィックスをはじめ建築など、立体造形を必要とする企業への販売を進めていく構えだ。

なお、同機は8月31日(木)~9月2日(土)、江東区有明の東京ビッグサイトで開催される「SIGN&DISPLAY SHOW 2017(サイン&ディスプレイショウ2017)」に出品される。

 

「3DUJ-553」仕様詳細

ミマキ 3Dプリンタ 3DUJ-553

 

特設サイト
http://japan.mimaki.com/special/3d_print/

Webサイト
http://japan.mimaki.com/product/3d/3d-flat/3duj-553/

 

イメージ動画


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.