プリント&プロモーション――印刷ニュース NO.1サイト――

デジタル印刷機「KODAK PROSPER 6000S」を世界初導入 米国Zumbiel Digital社


【2017年6月26日】イーストマン・コダック(コダック)はこのほど、米国ケンタッキー州の「Zumbiel Digital社」に、紙器向けのデジタル印刷機「KODAK PROSPER 6000S」を世界で初めて納入したことを発表した。

今回納入した「KODAK PROSPER 6000S」は片面カラーインクジェット輪転機で、最大印刷速度は毎分200m、B1用紙対応で、最大印刷解像度は600×900dpi。ラベルやカートン、PEコート紙などへの印刷に適している。

KODAK PROSPER 6000S

Zumbiel Digital社は、米国最大級の独立系紙器パッケージ印刷会社の1つ。
食品や飲料、ヘルスケア市場の顧客に幅広いパッケージソリューションを提供している。

 

Zumbiel Digital社のEd Zumbiel社長

「弊社のお客様が展開されているマーケティングキャンペーンには、大規模なバージョン管理が必要なものがますます増えてきています。ですが、コストの高さと生産性の低さがネックとなって、そこに板紙包装を加えることができずにいました。そのため、市場をリードするブランドに相応しい生産能力と印刷品質を備えたデジタル技術を探す必要がありました。いくつかの技術をテストした後、コダックと提携することに決め、その結果、お客様のニーズに100%お応えできる真のハイブリッドソリューションを創造することができました」


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.