プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

ラベルのライトセイバーが光る「コカ・コーラ」登場 光らせているのはあの仕組み!?


【2019年12月9日】プリント&プロモーション的には、「出るべくして出た」というか「やっぱりこういう使い方してくるよね」というのが感想だが、シンガポールのコカ・コーラが、すごいボトルを出してきた。

この「コカ・コーラ ノンシュガーボトル」は、ラベルに描かれたライトセイバーが本当に光る。反射とかではなくて、しっかりと自発光している。
映画「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」とのコラボレーションで、限定8000本で作成されたものなのだが、ラベルの内側に有機ELと電池を組み込まれており、ラベルの1カ所を押すと光る仕組みだ。手に入れた人のInstagramを見るとこんな感じ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Check out these awesome Coca Cola light up Star Wars lightsaber bottles exclusive to Singapore and launched at this years Singapore Comic Con 😮 Singapore only (only 8000 made) #Coca-Cola #sgcomiccon #starwars #jasonfreeny #StarWarsSG

Jason Freeny(@gummifetus)がシェアした投稿 –

有機ELを使った内照看板などは、約20年以上前から実はあるが、実用的になったのはやはりここ10年。それも小型で薄いので、「印刷系で使えるのでは?」という声はかなり前からあった。新聞や本など、折り曲げて使用できる印刷物をELで発行させて情報を送れば、大量の情報を1枚の用紙で見られるという仕組みだ。

ラベルは、青いライトセイバーを構えるレイと、赤いライトセイバーを構えるカイロ・レンがおり、並べると二人が対峙してライトセイバーを構えているように見える。

以前に、英国で発売された「リボンボトル」も1年遅れで日本に登場した。このELを使ったラベル、次は日本にも来そうな予感がする…。

 

ちなみに、今の「スターウォーズ」シリーズ、蛇足感がすごいけど、さすがにこのあたりで完結なんでしょうね。「ターミネーター」並みにブランド低下する前にぜひやめてほしいです。

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.