プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

東洋インキ スクリーン印刷用のバイオマスインキ「LIOCREATE FLASH DRY SS TMPE BIOシリーズ」を開発 「TOKYO PACK 2021」で展示


【2021年2月19日】東洋インキはこのほど、スクリーン印刷用のバイオマスインキ「LIOCREATE FLASH DRY SS TMPE BIOシリーズ」を開発した。

今回、東洋インキが開発した「LIOCREATE FLASH DRY SS TMPE BIOシリーズ」は、バイオマス度10%のUV硬化型スクリーンインキ。環境意識が高まる中、プラスチック容器のバイオマス化を見据えて開発された。
同製品は優れた柔軟性を持つ塗膜を形成し、処理ポリオレフィン(ポリプロピレン・ポリエチレン)ボトルやチューブの印刷に適している。シリコン系添加剤を使用していないため、後加工適正にも配慮された製品で、日本有機資源協会の「バイオマスマーク」を申請中。

東洋インキグループは2018年、「バイオマス製品開発によるサスティナブル社会実現への貢献」が評価され地球環境大賞 環境大臣賞を受賞するなど、持続可能な社会実現に向けた取り組みを推進している。

なお、同製品は2月24日(水)~26日(金)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「東京国際包装展(TOKYO PACK 2021)」で展示される。
また、会期中は「TOKYO PACK特設ページ」 で、出展内容を中心にコンテンツを提供する。

東洋インキ バイオマスパッケージソリューション
https://www.toyoink.jp/ja/solution/biomass

東洋インキ TOKYO PACK 2021 特設WEBページ「Earth-Friendly Packaging」
https://www.toyoink.jp/ja/event/tokyopack2021/ 順次公開(2月24日10:00完全公開)

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.