プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷 「環境配慮型パッケージ」を開発 冷凍温度高めでOK CO2削減も


【2020年11月2日】凸版印刷は11月2日、「環境配慮型パッケージ」の出荷を開始した。
「環境配慮型パッケージ」は、長期冷凍保管される畜肉や魚介類加工品などの1次産品の品質を保持できる製品。

この製品には、凸版印刷独自の蒸着加工技術とコーティング技術をもとに開発された「GL BARRIER」を採用している。これにより、畜肉や水産加工品の冷凍保管時に発生する酸化による変色や風味の変化を防止する。
また、リサイクルが容易なモノマテリアル構成にも対応可能で、CO2排出量の削減とリサイクル適性の向上を実現した環境配慮型パッケージとなっている。

「環境配慮型パッケージ」は、冷凍畜肉・水産・農産加工品などの卸売り事業社や食品メーカー、スーパーなど販売していく。

開発の背景には、畜肉や水産加工品などの1次産品について、品質劣化が少ないと考えられていたため、長期保存が可能なバリアフィルムは不要とされており、冷凍食品向けの保存包材の開発は進められていなかったことがある。

凸版印刷は2016年から、大学機関と連携し検証を進め、バリアフィルム「GL BARRIER」を組み合わせた冷凍用包材を使用することで、品質保持期限が延長する結果を得られた。
内容物によっては、従来超冷凍であるマイナス50℃以下で保管されていた冷凍温度帯を-マイナス18℃へ緩和可能となった。
この結果、保存コストを従来の約60%削減。冷凍時の消費電力を抑えることでCO²排出量の削減にもつながるという。

製品の展開により、冷凍流通の整備が整わない地域でも品質保持が可能となることにより、食品ロス削減や流通範囲の拡大に貢献できる。

今後、凸版印刷は、本製品を畜産品・水産品・農作物生産者、食品メーカーやコンビニ、スーパーなどの流通業界に拡販し、2021年度までに関連事業含めて約50億円の売上を目指す。

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.