プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

トーヨーケム 抗ウイルス性ハードコート剤「リオデュラス AVシリーズ」を開発 透明性と有効性を両立


【2020年7月21日】トーヨーケムは、これまでの新製品は、抗菌性ハードコート剤「リオデュラス AMBシリーズ」に加え、新たに抗ウイルス性ハードコート剤「リオデュラス AVシリーズ」を開発した。

「リオデュラス AVシリーズ」は、抗ウイルス性能評価の国際基準であるISO21702をクリアし、エンベロープ(脂肪やタンパク質などの膜)を持つA型インフルエンザウイルスや、ノンエンベロープウイルスであるネコカリシウイルス(ノロウイルスの代替)などに有効性が確認されている。
また、一般的な製品では、抗ウイルス性を付与すると塗膜の透明性が失われるが、同製品は、トーヨーケムが持つ分散技術により、抗ウイルス性と透明性を両立することに成功した。

抗ウイルス性ハードコート剤「リオデュラス AVシリーズ」
http://www.toyo-chem.com/ja/products/coatings/lioduras/av.html

抗菌性ハードコート剤「リオデュラス AMBシリーズ」
https://www.toyo-chem.com/ja/products/coatings/lioduras/amb.html


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.