プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

矢野経済研究所 「2022年版 フォント市場の実態と将来予測」を発刊 フォントのデジタル化やUDフォントなどについて

LINEで送る

【2022年12月10日】矢野経済研究所はこのほど、「2022年版 フォント市場の実態と将来予測」を発刊した。

活版印刷に用いられる金属性の活字であったフォントはデジタル化とともに、デザイン性が高いものや視認性の高いUDフォントなどさまざまなニーズに合わせたものが開発されている。
同調査レポートでは、フォント開発・販売事業者を対象として、市場動向や主要事業者の動向や市場規模推移・予測などフォント市場の実態について明らかにしている。

 

書籍概要

発刊日:2022年11月15日
体裁:A4 / 30頁
PDF商品:88,000円(本体80,000円 消費税8,000円)

掲載内容
第I章 総論
1.市場概況
2.主要事業者の業績動向
3.市場規模推移
4.各社の戦略
5.フォント市場規模予測(2022~2026年度)

第II章 個社別の動向
モリサワ、フォントワークス、タイププロジェクト、モトヤ

詳細内容・申し込みは以下から
https://www.yano.co.jp/market_reports/R64201301

矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

 

LINEで送る

Copyright © 2023 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.