印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

凸版印刷 「らくレシ」サービスを本格提供 キャンペーン応募を簡素にし、購買分析に一役!


【2016年2月26日】凸版印刷は2月から、「スマートフォンで、楽々レシート応募ができる」キャンペーンプラットフォーム「らくレシ」サービスの本格的な提供を開始する。

「らくレシ」は2015年8月にサービス開始。商品の購入を応募条件とするキャンペーン(マストバイキャンペーン)で、応募者が購入レシートをスマートフォンで撮影し、応募者情報を入力すれば応募できるというもの。
2月からは、分析・集客機能を強化して、本格的な提供を開始する。

「らくレシ」は、従来のキャンペーン手法である「レシートをハガキに貼って投函する」、または「シリアルナンバーをWebで入力する」などとは異なる、新たな応募手法。応募がしやすくなることで、企業などキャンペーン運営者には、応募者数の増加が期待でき、より詳細なキャンペーン応募者の分析が可能になる。らくレシ
          「らくレシ」応募の流れ

また、高精度データ化エンジン(精度:99.98%)によるテキストデータ化技術を採用。大量の応募レシートの画像を短時間でテキストデータ化できる。
これにより、キャンペーン応募者が購入した商品、店、場所、時間などが短時間で分析可能。キャンペーンの効果検証、応募者の購買嗜好やライフスタイルなどの分析に役立つ。全国統一キャンペーンだけでなく地域限定など流通チャネルを個別設定したキャンペーンの実施もできるという。

さらに、凸版印刷の電子チラシサービス「Shufoo!」と連携した電子チラシでのキャンペーン告知や、対象商品の購入とキャンペーンへの応募促進も可能。

料金は350万円からで、キャンペーンの設計によって変動する。

凸版印刷では、飲料、菓子、トイレタリー、化粧品などのメーカー向けに「らくレシ」を販売し、2016年度中に10社への新規導入、約5億円の売り上げを目指す。

らくレシ商品サイト
http://www.toppan.co.jp/biz/customer_sol/rakureshi/index.html


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.