プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

JR東日本のエキナカ自販機に「暑さ・熱中症アラート機能」を追加 水分補給呼び掛ける!


【2021年7月21日】JR東日本クロスステーションウォータービジネスカンパニーは7月21日、実証実験中の「AI多機能自販機」に「暑さに注意しましょう」と音声と画面で呼びかける機能を新たに追加した。

新機能は、気温が30度や35度を超えることが予想されると「暑さへの注意」を呼び掛ける。
合わせて、朝7時に環境省より「熱中症警戒アラート」が東京都内に発表された場合、自販機の液晶画面内に「熱中症警戒アラート発表中!」の文言を表示する。

同社では「コロナウイルス感染拡大防止のためのマスク着用が続く中、自販機から音声と画面表示で呼びかけることで、適切な水分補給の大切さを伝える」としている。

「高温注意アラート」は、東京都の気温が30度または35度を超えた際に、「暑さに十分注意して、こまめな水分補給をしましょう。」などを音声で呼びかけるとともに、液晶内に文言を表示し、おすすめ商品を紹介する。さらに、メッセージは気温によって変更されるという。

「熱中症警戒アラート」は、朝7時に環境省より「熱中症警戒アラート」が発表された場合、自販機の液晶内にその旨を表示し、水分補給を呼びかけるもの。

実施の背景には、40度近い気温となる記録的猛暑やゲリラ豪雨などの突発的な大雨などの気象がある。特にエキナカでは、多くの人がいる環境下で、コロナ感染拡大防止の観点からマスクの着用率が高く、適切な水分補給が大切となっている。

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.