プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷 極薄透明フィルムへのチェンジング印刷技術を開発 作成プロセス簡略化、偽造防止などへ応用


【2020年3月7日】凸版印刷はこのほど、極薄透明フィルムへのチェンジング印刷技術を開発した。

この新技術は、マイクロメートル(µm)単位の微細印刷技術と高精度な位置合わせ技術の融合により確立したもので、基材両面に高精度な位置合わせ技術で微細線を印刷して、見る角度によって印刷物の色や絵柄が変化する。

これまでチェンジングで使用されてきたレンチキュラーレンズは、断面がかまぼこ状の凸レンズを使用したもので、厚みがある上、特殊な加工機と作成時間が必要だった。新技術ではプロセスを簡略化しこれを解消している。
さらに、カラーインキへも展開し、新しいカラー表現を行うことにも成功している。

今後、凸版印刷では、同技術を活用し、偽造防止や真贋判定などのセキュリティ分野、導電性インキを使ったエレクトロニクス分野などへ製品開発を行う。

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.