印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

【速報】ギフト・ショー秋2016 レポート2 商品や店舗を盛り上げるシステム、ツール、技術


【2016年9月8日】「第82回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2016」が9月7日、江東区有明の東京ビッグサイト全館を使用し開幕した。同イベントは国内最大の雑貨や販促品、ギフトに関する見本市。今回は2,729社が出展し、期間中に約20万人が来場する。
イベントは9月9日(金)まで開催する。

ギフト・ショー秋2016

プリント&プロモーションでは、プリント・販促関連製品を中心に出展した企業を速報で紹介する。
速報2ではプリント・加工関連の資材や印刷会社、製品についてレポートする。

【速報】ギフト・ショー秋2016 レポート1 小型のインクジェットプリンタやカッティングプロッタに注目

 

ラベル印刷会社の友功社(ブース:東2-T13-07)は、自社開発のアプリとその採用事例を展示している。
「Multi Voice(マルチ ボイス)」は、QRコードやJANコードに紐づけられた文章読み上げシステム。多言語対応しており、インバウンド市場やユニバーサルデザインなどでの採用を見込んでいる。

%e3%82%ae%e3%83%95%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc2016%e7%a7%8b-079_r %e3%82%ae%e3%83%95%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc2016%e7%a7%8b-078_r

「Gift Messenger(ギフトメッセンジャー)」は、専用QRコードを購から「動画」や「音声」「音声+画像」などのメッセージを授受できるサービス。
一般的なQRコードと違い、動画などを切り替えられ、長い期間にわたっての展開にも適している。

ギフト・ショー秋2016

ブースでは「森永製菓」や「雪印メグミルク」などでの採用事例を紹介している。

 

エルティー流通センター(ブース:東2-T18-09)は、人と環境にやさしいパッケージ「Oripa(オリパ)」を出品している。
「Oripa」は1枚板からつくる段ボール箱で、テープなどを使わず、ふたを織り込むだけで封ができ、梱包作業の負担を軽減。開封時もはさみなどがいらず、受け取り手にも便利な製品。
また、展開した箱の中に印刷が可能で、商品や会社のPRに活用できる。

ギフト・ショー秋2016 ギフト・ショー秋2016

 

アクセスメイク(ブース:東2-T18-13)は、自社がデザインした各種販促ツールを展示している。
同社は販促用POPやディスプレイを作成するデザイン会社。
展示されたツールは大判インクジェットプリンタで作成した画像(パネル)と映像装置を組み合わせたものが多い。
担当者は「今、映像と組み合わせ商品の特徴を一目で表すツールが求められている。売り場まで足を運んだお客さまを納得させる販促ツールを提供したい」と話す。

ギフト・ショー秋2016 ギフト・ショー秋2016

 

印刷会社の廣川(ブース:東2-T11-22)は、デジタル加工機でのニスコーティングと箔加工のサンプルを展示した。
サンプルは「Scodix」を使用したもので、製版無しでさまざまなデザインの加飾加工ができる。版を使わないため少量での生産に適しており、デザインの自由度が高く、微細な表現を得意としている。

ギフト・ショー秋2016 ギフト・ショー秋2016

【速報】ギフト・ショー秋2016 レポート1 小型のインクジェットプリンタやカッティングプロッタに注目

 


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.