プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷 AIで応答するデジタルサイネージを開発 スマホやスマートスピーカーと連携も


【2018年4月2日】大日本印刷(DNP)と、DNPグループのインテリジェント ウェイブ(IWI)は、AI(人工知能)により会話の言葉を分析し、内容に会った情報を表示するデジタルサイネージ(電子看板)システムを開発した。

この「AIを活用したサイネージシステム」は、DNPとIWIのAI技術を活用。人間が話す言葉から質問内容を理解し、最適な回答データを生成・検索するシステムで、市販のスマートスピーカーやデジタルサイネージを連携させる。

システムは、IWIの「OpAI(オーピーエーアイ)」により、話し言葉のような曖昧な会話文から質問内容を適切に理解し、最適な情報を検索・抽出できる。
抽出された情報から、デジタルサイネージの画面や音声での回答をAIが自動生成。利用者はテキスト・画像・音声・映像の組み合わせで情報を得られる。

なお同システムは、4月4日(水)~6日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第2回 AI・人工知能 EXPO」のIWIブースででモンストレーションされる。

今後、DNPとIWIは、同システムの事業化に向けたコンセプト実証(PoC:Proof of Concept)を実施し、その効果測定をもとに改良をすすめ、2018年度中の事業化を目指す。

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.