印刷業界とユーザーをつなぐニュースサイト 

ご当地キャラが年賀状のお返し 神奈川は「さがみん」山梨は「ニーラ」が応募者に手渡す


【2016年2月13日】昨年12月にお伝えした「ご当地キャラクターに年賀状を送ろう!」キャンペーンを覚えているだろうか。

ご当地キャラブームの昨今、日本郵便南関東支社が始めたこの企画は、神奈川・山梨のご当地キャラに年賀状を送ると年賀状が返ってくるという楽しいもの。
神奈川からは12キャラクター、山梨からは9キャラが参加し、合わせて2,015通の応募があった。

日本郵便南関東支社 ご当地キャラクター

今回、両地域で最も多くの年賀状をもらったキャラクターが、抽選で選ばれた1名の応募者に直接年賀状を手渡すイベントが行われた。

神奈川地域で一番多くの年賀状をもらったキャラクターは「さがみん」で、1月23日、抽選で選ばれた清水保育園の園児1名に、日本郵便のキャラクター「ぽすくま」といっしょに返事の年賀状を手渡した。

清水保育園 ご当地キャラクターに年賀状 清水保育園 ご当地キャラクターに年賀状

山梨地域で最も多くの年賀状をもらったのは、韮崎市の「ニーラ」。
1月25日、韮崎市の市長応接室で南アルプス市の小学1年生 野口京子さんに返事の年賀状と記念品が贈呈された。

SnapCrab_NoName_2017-2-12_19-6-9_No-00 SnapCrab_NoName_2017-2-12_19-5-53_No-00

この楽しい企画、来年も続けていきたいとの意向で、来年はもっと多くの年賀状を待っているとのこと。

応募は子供に限らないので、次回は皆さんも応募してみてはどうだろう。


Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイト) . ALL Rights Reserved.