プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

【レポート4】ジャパン・インクジェット・ヴァーチャル・メッセ2020 ホール6、7 印刷会社&染工所


【2020年7月13日】「ジャパン・インクジェット・ヴァーチャル・メッセ2020(JIVM2020)」は6月1日から7月31日(金)まで開催されている。
運営は大野インクジェットコンサルティング(OIJC)。

「JIVM2020」は、OIJCのサイトを使ったバーチャル空間のインクジェット(IJ)プリント印刷資機材展。本来、今年開催予定だった「drupa2020」の時期に合わせて開幕した。バーチャル展示に加え、オンラインセミナーも開催し、多くの来場者を集めている。

レポート4では、ホール6,7を紹介する。このホールは、印刷工場やテキスタイルの染工所がブースを出展している。

【関連記事】
レポート1「JIVM2020」のホール1を紹介 

レポート2 ジャパン・インクジェット・ヴァーチャル・メッセ2020 ホール2~3を紹介 「花王」「トライテック」など

レポート3 ジャパン・インクジェット・ヴァーチャル・メッセ2020 ホール5 「プリンターメーカー」

ホール6

「Printio(プリンティオ)」https://ohno-inkjet.com/?p=29420)は、今夏オープン予定のデジタルプリントをつなぐプラットフォーム。
運営はOpenFactory。

現在、ティザーサイトをオープンており、今回は堀江賢司代表がプレゼンテーション動画を公開している。5分24秒の短くよくまとまっている内容なのでぜひ見ていただきたい。
サービスの概要はクラウドを使って、専門工場をつなぎ、受注の自動化を実現。製造側が効率よく製造できるのはもちろん、ユーザーも1個から安価に製品を受け取れるなど、メリットが大きい。
外注型の印刷サービスと違い、さまざまな印刷を1つの窓口から注文でき、製造側も安価だけを売りにすることなく、得意分野を生かしたビジネスを展開できる。

Printio
https://printio.me/

 

佐川印刷https://ohno-inkjet.com/?p=31032)は、2.5D 立体プリントカレンダー「えひめの魚」などを紹介している。
「えひめの魚」は同社の特殊プリント技術を使い、本物の魚のように見える立体印刷を施したもの。「FESPA AWARD 2020」で表彰されるなど、国際的な評価も得ている。

本物にしか見えないカツオやフグなど、見どころ満点なので見て、希望者はサンプルを取り寄せてほしい。

 

エクセルタムhttps://ohno-inkjet.com/?p=31135)は、埼玉県の特殊印刷会社。立体物にプリントするパッド(タンポ)印刷を得意としており、このほかにテキスタイルプリントやグッズへのデジタルプリントなども行う。

 

同じく特殊印刷では海鴻社https://ohno-inkjet.com/?p=31126)が出展。こちらもタンポ印刷を得意としており、テキスタイル印刷でも定評のある企業。
コスプレ専門のテキスタイル記事の生産も行うなど、ユニークな取り組みも行っている。

 

テクノプロモーションhttps://ohno-inkjet.com/?p=30951)は、これまでポリエステルにしかできなかった昇華インクでコットンにプリントという新たな転写商品を動画で紹介している。

新製品はエプソンの家庭用プリンタに搭載できる「BRITZ」ブランドの昇華インク。
展示会では名物となっている同社の川井浩社長が、動画に登場し、ジョークを交えながら製法を解説している。こちらも短いビデオなので、見ていただきたい。

 

ホール7

京美染色https://ohno-inkjet.com/?p=30937)は「京の染屋だからできることがある。」のテーマで出展。
製作の手順や、事例紹介、生産の商品などを展示している。

 

大本染工https://ohno-inkjet.com/?p=32533)も京都の染色業者。
手捺染(なっせん)を基礎として、スクリーン印刷からインクジェットプリンタによるデジタル印刷までを手掛けている。

 

朝倉染布https://ohno-inkjet.com/?p=30945)は、群馬県桐生市の染工工場で、超撥水加工の「dewelry」や吸水速乾加工などの最新技術は、テレビ番組でも紹介されている。
展示では動画で撥水機能などを披露している。

 

フジタカクリエイションhttps://ohno-inkjet.com/?p=30975)は、沖縄で唯一の染工工場。
全自動シルクスクリーンプリント機に加え、インクジェットプリントシステムを導入し Tシャツやアンダーウェア、テキスタイル雑貨の一貫生産を行っている。

サイト上の展示会の特性を利用し、展示内容(サイトの内容)は保存され、2021年3月末までは閲覧できる予定。

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.