プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷 半導体用フォトマスクの量産設備を上海で拡充 2020年に約450億円目指す


【2018年1月18日】凸版印刷はこのほど、半導体用フォトマスクの製造を手掛けるToppan Photomasks Inc.(米国テキサス、TPI)の生産子会社である上海凸版光掩模有限公司(中国上海市、TPCS)の建屋内に、最先端フォトマスクの量産に対応した設備投資を決定。

2018年秋までに順次、最新鋭設備を導入し、2018年4月から65/55nmフォトマスクを、2018年度中に14nmフォトマスクの生産を開始する予定。

凸版印刷 フォトマスク
上海凸版光掩模有限公司の外観

凸版印刷は1961年にフォトマスク事業を開始して以来、業界最大級の技術力・供給力がある。
特に中国では、1995年にTPCSでの生産を開始し、2015年には90nmに対応したフォトマスクの生産設備を導入。同市場のトップシェアを維持してきた。

今回、TPCSに最先端フォトマスクの生産設備を新たに導入することで、従来品から最先端品、さらに短納期対応が求められる保護膜(ペリクル)の貼り替えまでの一貫生産が可能になる。

現在、世界の半導体市場は、スマートフォンなどの情報端末やIoT機器の高機能化、小型化などにより需要の拡大が続いており、その規模は2018年に約50兆円と推測されている。
中でも中国では多くの半導体メーカーが生産拠点の敷設を進めており、先端フォトマスクの旺盛な需要が見込まれるとともに、現地生産による安定した供給体制が求められている。

凸版印刷は同設備投資により、中国での最先端フォトマスクの生産を強化。
既存の日本・台湾の生産拠点と総力を結集し、アジア市場で2020年に約450億円の売上を目指す。

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.