プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

セイコーエプソン 広丘事業所に「イノベーションセンターB 棟」を新設 160億円を投資しプリンティング事業の拠点に


【2017年10月6日】セイコーエプソンはこのほど、長野県塩尻市の広丘事業所に、商業・産業用大型印刷機の試作・量産工場とデジタル捺染のテストラボ機能を備えた新棟「イノベーションセンターB 棟」を建設する。
投資額は約160億円。

この新棟は、同社の中長期的なプリンティングソリューションズ事業の成長実現に向けた計画に基づいて行われるもので、延床面積は約 37,650㎡、1階を工場およびテストラボエリア、2~3階をオフィスエリアとする3階構造を予定している。
着工は2018年夏季で、2019年度末の稼働を計画している。

これにより、商業・産業印刷分野における研究開発力・生産技術を強化するとともに、関連部門をオフィスエリアに集約することで業務の効率化を図る。
広丘事業所は、プリンティングソリューションズ事業のコアデバイスの研究開発・生産拠点、インクジェットプリンタの企画設計拠点として、国内および海外の生産拠点と密接に連携している。

なお、イノベーションセンターB 棟に先立ち着工した最先端の「PrecisionCore(プレシジョンコア)」プリントヘッドを生産する新工場は、2018 年度上期の竣工を予定している。

 

イノベーションセンターB 棟の概要

投資金額 約 160 億円
稼働時期 2019 年度末
延床面積 約 37,650 ㎡
建築構造 鉄骨 3 階建て

 

広丘事業所の概要(2017 年 3 月 31 日時点)

所在地 長野県塩尻市広丘原新田 80
事業内容 プリンティングソリューションズ事業における開発・設計・生産、およびエプソン全体における新事業開拓、新製品の研究開発
土地面積 211,810 ㎡
操業年 1970 年

 


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.